性格

ナルシストの見分け方は時間が経てば特徴が出てくる!

投稿日:2019年9月20日 更新日:


 

ナルシストってどんなイメージですか。

 

自分大好き、自分中心というイメージがあると思います。

 

その通りなんですが、できればそういう人とは付き合いたくないですよね。

 

中には、いつの間にかそういう人と付き合って嫌な思いをしたなんていう人もいるのではないでしょうか。

 

まぁ、そうじゃない人もいると思いますが、これからだって人間関係を作っていく上でそうはなりたくないですよね。

 

では、どうすればいいか。

 

そこで、今回はナルシストを見抜くための研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

ナルシストを見抜くためには?

ブリティッシュコロンビア大学のデルロイ・パウヘスは、学生に被験者になってもらい、4~6人のグループに様々なテーマで各20分間、計7回の議論をしてもらった。(1)

 

最初と最後のセッションの後で、学生は匿名で各メンバーの議論中にの言動を評価した。

 

その際、事前に学生にはNPI(自己愛人格傾向尺度)を含む心理テストをしてもらい、自己愛傾向のレベルを測定していた。

 

1回目のセッション終了後、NPIの結果で自己愛傾向が強かった学生(特権意識や他者を搾取する傾向がある)には、他の学生から「好感が持てる」「誠実」「オープン」「有能」「面白い」「落ち着いている」などの高評価が見られた。

 

ところが、計2時間20分のすべてのセッションが終了後には、これらの学生には、「好感が持てない」「落ち着きがない」「冷たい」「敵対的」「傲慢」などの否定的なものに変わっていた。

 

その理由として、ナルシストは初対面の相手(知人が0の状況)から良いフィードバックを得ることで、自らが優れた存在であり、場の中止にいるべきだという考えを強め、それによってさらに自信過剰な態度をとり、だんだんと相手に良くない印象を持たれてしまのではないかと考えられている。

 

また、ニューヨーク大学で認知科学と人格心理学を研究しているコット・バリー・カウフマンが、『サイコロジー・トゥデイ』に寄稿した記事の中で、「初対面の相手にJ好印象を与えることは、ナルシストがその問題の多く、長期的には機能しない対人関係の振る舞いや個人間の対処のメカニズムを維持するうえで、重要な役割を果たしていると思われる。他者からの称賛は、ナルシストにとって麻薬に等しい。問題は称賛を過剰に求めることによって、適切な人間関係の構築や長い時間をかけ培われる社会との結びつきが妨げられる点だ。ナルシストが面識のない初対面の人同士で他社に生じさせる肯定的な反応は、ナルシストが経験する人間関係の悪循環の中の大きな要素となっている」と述べています。(2)

 

なんかの集まりで、初めてあった人が好印象だった場合はナルシストである可能性があるということです。

 

ちょっと一言

そういう人は、ちょっと警戒した方が良いかもしれませんね。

 

後々、被害を被ったり、嫌な思いをしないためにも。

 

また、どうしても付き合わないといけない相手だとしたら、距離をある程度とって、嫌なことは嫌だとはっきり伝えておきましょう。

 

それができないなら、付き合うのはやめた方が良いです。

 

なぜなら、ナルシストは自分中心で世界が動いていると考えているからです。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-性格

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク