性格

サイコパスってどういう人たちでどれくらい実際にいるの!?という研究

投稿日:2021年1月31日 更新日:


 

今回は、サイコパスの特徴とそういう人たちの割合についてです。

 

みなさんのイメージだとサイコパスってどんなイメージですか。

 

殺人鬼だったり、傍若無人に振る舞ったり、と色々思い浮かんでいるかもしれません。

 

もちろん、サイコパスが、全員が全員そういうわけではありません。

 

ただ、サイコパスはとにかく攻撃的だから、その特徴を知っていれば無駄にトラブルに巻き込まれないで済みます。

 

スポンサーリンク
 

 

サイコパスってどんな人たち!?

北テキサス大学のクレイグ・ノイマンたちは、以前に発表された大規模な北米の研究と世界中からのデータを利用して、さまざまなサンプルセットにおける明白な反社会性と他の精神病質領域との関連の強さとパターンを調査した。(1)

 

研究では、構造方程式モデリング(SEM)を使用して、サイコパシーチェックリスト-機器(PCL-R、PCL:YV、PCL:SV)または既知の潜在構造を持つ自己報告評価(SRP、 B-スキャン)。

 

さらに、PCL-RとSRPの両方で評価された2つの比較的大きなサンプル(男性犯罪者と若年成人男性)は、さまざまな評価方法で反社会性と他の精神病質領域との関連を調べた。

 

その結果、研究者たちが作成した標準的な評価尺度によれば、サイコパスには表面的な魅力、頻繁に嘘をつく、セックスの相手を選ばない、飽きっぽいなど20の特徴が見られた。

 

つまり、他人と考えと感覚に無頓着で、そのことは少なくとも短期的には彼らに有利に働く。

 

傲慢で野心家で、いつも人を欺こうとするものの、自信満々なところが見えるから。

 

そして、普通の人より共感を示さず、罪の意識や後悔を感じないので、関心の欠如から攻撃的になりやすい。

 

また、サイコパスはどんな手段を使ってでも自分望むものを手に入れようとする傾向がある。

 

要するに、道徳的判断が欠如した自己中心で思いやりがない人たち。

 

そして、犯罪を起こしやすく、大半が男性。(2)

 

全体的な調査結果は、サンプルの性質に応じて、関連性が中程度から強いことを示して、反社会性が精神病質構造であることを明確に示した。 

 

サイコパスはどのくらい割合でいるの!?

 

ロンドン大学クイーンメアリー校のジェレミーウィアーコイドたちは、英国、ウェールズ、スコットランドの家庭で、16〜74歳の638人を対象に、精神病質チェックリスト:スクリーニング版(PCL:SV)を使用した2段階調査に基づいて、精神病質の有病率と相関関係を測定した。(3)

 

精神病質の加重有病率は、PCL:SVのマニュアルに記載されている非犯罪/非精神病サンプルと同様に、カットスコア13で0.6%(95%CI:0.2-1.6)だった。

 

精神病質スコアは以下と相関していた。

 

若い年齢、男性の性別。

 

自殺未遂、暴力的行動、投獄、ホームレス。

 

薬物依存;演技性、境界性および成人の反社会性パーソナリティ障害;パニックおよび強迫性障害。

 

この調査は、PCL:SVで測定した場合、精神病質はまれであり、囚人、ホームレス、精神科入院者に蔓延しているものの、世帯人口の1%未満に影響を及ぼしていることを示した。

 

一般集団には精神病質の半正規分布があり、大多数は特性がなく、ゼロ以外の値を持つかなりの割合であり、複数の関連する社会的および行動的問題を抱える人の深刻なサブグループがあった。

 

ちょっと一言

サイコパスって、1%未満ですが100人に1人はいると思った方が良いかもしれません。

 

ただ、普通に生活していれば出くわさないと思います。

 

一方で、最近問題になっているあおり運転をしている人はそれだけで反社会的な行動をとっているので、サイコパスの可能性が高いと思います。

 

そういう人に絡まれたら、逃げるかすぐに警察に連絡するのが一番だと思います。

 

いずれにしても、彼らは普通の感覚ではないので、そういう人っぽいなと思ったらすぐにその場から立ち去るのが良いと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-性格

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク