認知心理学

マルチタスカーよりひどい『ヘビーマルチタスカー』!

投稿日:2021年1月15日 更新日:


 

今回は、ヘビーマルチタスカーについてです。

 

マルチタスカーというのは、同時に複数のタスクをこなす人のことを言います。

 

ところが、そういう人は注意散漫になり、デメリットしかないことは今までの記事にも書いてきました。

 

そして、今回はそれを上回るヘビーマルチタスカーという人たちを紹介します。

 

能力としては、どうなんでしょうかね。

 

スポンサーリンク
 

 

ヘビーマルチタスカーは同時に作業できるのか!?

スタンフォード大学のエヤル・オフィールたちは、そういう人たちは本当に複数の異なる作業を同時にこなす能力に長けているかどうかを調べた。(1)

 

その結果、いくつもの調査を通じて、ヘビーマルチタスカーの能力は一つのことに集中する人より劣っていることが判明した。

 

また、情報お保存や整理の効率が低く、無関係な情報を判別する力も劣っていた。

 

にもかかわらず、自分には超人的な能力が備わっていると信じ続けている人が多かった。

 

ヘビーマルチタスカーの能力は!?

ユタ大学のデイヴィッド・サンボンマツたちは、車の運転をする時の習慣について調査を行った。(2)

 

運転中に携帯電話を使うかどうかをはじめ、複数のことを同時に行う力が自分にあると思うかどうかも尋ねた。

 

そのうえで、全員に実際にその力を測定するテストを受けてもらった。

 

その結果、複数のことを同時に行う力が高いと自負する人や、運転中にしょっちゅう携帯電話で話す人は、そうでない人よりテストの成績が振るわない傾向が明らかになった。

 

ちょっと一言

ということで、マルチタスカーだろうがヘビーマルチタスカーだろうが同時に作業をすることはできず、能力が低いということがわかりました。

 

もっとも、人間の脳って一つくらいしかどうしてもできないようになっているので、当然と言えば当然ですよね。

 

ですので、みなさんはマルチタスクじゃなくて、シングルタスクで一つのことに集中していただければそれだけでかなりの成果が出るので、後者で頑張ってください。

 

ただし、シングルタスクと言っても、1日中同じことをやらなくてはいけないわけではありません。

 

例えば、1時間やったら次のことをやるみたいに、ある程度の時間集中したら別の作業するのが良いです。

 

1日中同じことなんてできるわけないと思います。

 

ただ、数分に別のことをやり続けるとマルチタスクなるのでそれは気を付けてください。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク