認知心理学

嘘をつかせない方法ってあんの?

投稿日:2018年10月23日 更新日:


嘘、つかせない、方法

 

人は嘘をつくと言われますが、それは状況によります。

 

嘘をついても大丈夫だろうと思う時は嘘をつきますし、反対に嘘をついてばれたらまずいことになると思えば嘘はつきません。

 

ですので、嘘をつかせたくないなら、その状況に落とし込むのが一番です。

 

スポンサーリンク
 

 

他人が嘘をついているのを見ると!?

デューク大学のダン・アリエリーたちは、大勢の学生を集め、複雑な数学の問題をごく短時間で解くように指示をした。(1)

 

ところが実際には、全て解くのは無理なようにつくられていた。

 

そして、解いた問題に対して報酬が支払われることになっていた。

 

テストが始まってしばらくすると、一人の学生(実はアルバイトの役者)が大きな声で「全部解けました。どうすればいいですか?」といった。

 

全員が解けているわけないと思うので、あからさまな嘘を演じた。

 

そして、全問正解したから、用意されていた報酬を受け取った。

 

さらに、何事もなかったかのように出ていった。

 

研究者が知りたかったのは、続いて何人が嘘をつくかということだった。

 

その結果、嘘をつく人は大幅に増えていた。

 

ライバルが嘘をついているのを見ると!?

次の実験で、少しひねりをくわえた。

 

嘘つき学生役の役者にライバル大学のTシャツを着せる場合と、着せない場合に分けた。

 

嘘をつく学生の立場―同じ大学科よその大学か―によって、後に続く学生の数が変わるかどうかを調べた。

 

その結果、ライバルの学生が嘘をつくのを見ると、嘘をつく学生の数は全体的にやや少なくなった。

 

つまり、うまくやり通せるかだけを考えてはいなかったということですね。

 

また、ライバルだと思っているので、同じようなレベルにはなりたくないという心理が働いたのかもしれません。

 

嘘をつかせないためには?

そして、もう一つの実験は方法は基本的に同じだが、今回のシナリオでは役者は何もしなかった。

 

ただ大きな声で試験監督に、「ずるをしてもいいですか」と尋ねた。

 

ばかげた質問だったが、ここでの目的は不正をしたり嘘をついたりすることを面前に持ち出して、学生たちの内なるモラリストを刺激することだった。

 

そうすると実際に、学生たちが嘘をつくことは目に見えて減った。

 

つまり、倫理観をプライミングすると、学生たちは嘘をつきずらくなるのです。

 

また、嘘を見ると「自分もやってもいいだろう」という風に伝染する面があるので、それをさせないためには最初に不正(をする人間)自体を非難してしまえばいいということです。

 

ちょっと一言

人が嘘をついているのを見ると、他の人もずるをしやすくなりましたが、嘘は良くないことだと道徳感情に訴えるプライミングをするコチによってずるをしにくくなるということがわかりました。

 

ですので、嘘をついたりずるをする人を少なくするには、「嘘はついてもいい」みたいなことをみんなに聞くことです。

 

例えば、テスト前のカンニング対策にも使えると思います。

 

ようは、嘘をつかせたくないなら、質問すればいいのです。

 

人は自分の矛盾した行動が気持ち悪いと思うので、「嘘は良くない」と答えてしまったら、それに矛盾しない行動をとるのです。

 

だから、命令より質問の方が効果的なのです。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク