認知心理学

ダニング=クルーガー効果とは?~ジョークの実験(テスト)でわかったメタ認知能力と対策~

投稿日:2017年11月30日 更新日:


ダニング=クルーガー効果、ジョーク、実験、テスト、メタ認知、対策

 

みなさんの周りで自己評価の高い人、または低い人がいると思います。

 

実は、自己評価によって、その人能の力が高いか低いかがわかるのです。

 

察しの良い人は分かると思いますが、謙虚な人って能力の高い人で、反対に自信過剰な人って能力が低いんですよね。

 

ちなみにこの現象を研究者たちの名前にちなんで、「ダニング=クルーガー効果」と言います。

 

スポンサーリンク
 

 

ダニング=クルーガー効果とは!?

コーネル大学のダニングとクルーガーという研究者たちは、ジョークを楽しむ能力について調査した。(1)

 

65名の学生を対象に、30のジョークを読ませ、その面白さを評価してもらった。

 

ちなみに、それはつけられた点数を見れば、ユーモアの妙味を本当に理解しているかがわかる細工を施したテストだった。

 

このテストでは、同時に「あなたのユーモアの理解レベルは同じ年齢の仲間と比較してどれくらいの位置にいると思いますか」と尋ねた。

 

調査の結果、ユーモアを理解する能力、それ以外にも文法、論理のテストで下位四4分の1くらいの得点だった参加者が、テストのパフォーマンスと能力を大幅に過大評価していることがわかった。

 

下から25%以下の成績の低い人は、平均して、「上位40%につけている」と自分を過大評価した。

 

一方、上位25%以内の優秀な人は「上位30%くらいにいる」とわずかに過小評価した。

 

いくつかの分析では、この誤学習とメタ認知スキルの欠損、または誤りと正確さを区別する能力が関連していた。

 

能力の高い人は、参加者のスキルを向上させ、メタ認知能力を高め、能力の限界を認識していた。

 

つまり、できない人ほど、「自分はできる」と勘違いている傾向があるということです。

 

さらにこの現象は、ユーモアの理解力だけでなく、論理的な思考から一般的な学力試験に至るまで普遍的に見られるんです。

 

ダニング=クルーガー効果により、能力の低い人の特徴

研究者たちは、色んな調査を行い、次のように推測しています。

①能力が低い人は、能力が低いゆえに、自分がいかに能力が低いか理解できない

②能力が低い人は他人のスキルが正しく理解できない

③だから、能力の低い人は自分を過大評価する傾向にある。

 

とバッサリ。

 

ここで、興味深いことがあります。

 

この効果を知って、「確かに思い浮かぶ人はいますね」と言って自分を棚に上げることです。

 

これもまた、ダニング=クルーガー効果の一種なんです。

 

これを「バイアスの盲点」と言います。

 

ですので他人に目を向けるより、自分に目を向けた方がこのバイアスにかかりにくくなりますね。

 

自分の能力は平均以上だって思う人は70%くらいいるので、ほとんどの人は気を付けた方が良さそうですね。

 

それから、ユーモアがわからない人は、能力が低いから客観的視できないのか、また自分を客観視できないから能力が低いのかはわかりません。

 

ですが、

 

研究者たちの重要な発見のポイントは、「能力の低い人でも訓練を積めば、それまでの力やスキル不足に気が付き自省できる」という点。

 

つまり、能力がないと思う人は、現時点で未熟なだけであって、成長する余地は十分にあるということです。

 

考え方としては、キャロル・ドゥエッグの「成長マインドセット」と同じですね。

 

ちょっと一言

能力の低い人は自分を過大評価して、能力の高い人はわずかに自分を過小評価していたということがわかりました。

 

だからといって、自分を過小評価すれば、すぐに能力が高くなるか言えば、それは別です。

 

能力を高めるためには時間がかかります。

 

ですので、能力を高めたいなら少しずつ経験を積んでいく以外にはないです。

 

それから大事なことは他人と比べないことです。

 

他人と比べる人は幸せではない人だということがわかっていますので。

 

ですの比べるなら、過去の自分と比べてください。

 

こうすることで努力と結びつきやすくなるので、結果的に能力が伸びるのです。

 

一応、他人と比べた場合は、それまでの能力や運に結びつくので、そこでの勝負で終わってしまい、それ以上に努力しなくなってしまうのです。

 

だから、少し自分を過小評価する人は、自分を客観的に見られるおかげで能力が高いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク