認知心理学

どうやら同じ人種(国の人)の方が信頼しやすいみたい!その一方で・・・!?

投稿日:


 

みなさんは外国人に偏見はありますか。

 

多分、大方の人は差別なんかしないはずです。

 

でも、どうやら一瞬パッと見て自分と似ている人種は信頼できるのですが・・・

 

その一方で、違う人種だとその評価が異なるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

人種によって信頼できる?できない?

イスラエルの心理学者かーメル・ソファーたちは、典型的な若いイスラエル人女性と典型的な若い日本人女性の顔のモーフィング画像を作成した。(1)

 

そのモーフィングした画像は数十枚に及んだ。

 

また、研究者たちは二つの典型的な顔の間の保管画像も作成した。

 

 

図に示すように、顔は典型的な日本人の者(左)から典型的なイスラエル人のもの(右)に変化するようにした。

 

そして、実験参加者たち(イスラエル人女性と日本人女性)にこれらの顔について信頼性を評価してもらった。

 

その結果、彼女たちは典型的だと見なしていたものの影響を受けていた。

 

呈示される顔が典型的なイスラエル人の顔により近くなるにつれ、イスラエル人の実験参加者たちはその顔をより信頼できると評価した。

 

それに引き換え、日本人の実験参加者たちにおけるその顔の信頼性の評価は低下していった。

 

また、顔がより典型的な日本人の顔に近づいていくと、その逆が生じた。

 

つまり、人は自分に似た人種のメンバーを信頼するみたいですね。

 

ちょっと一言

人類の歴史はかなり長く、ここ最近になって国際交流が著しく活発なってきました。

 

狩猟採集の時代などは、違う民族と出くわすことがほとんどなく、仮に遭遇した時は当然相手のことがお互いわからないので、信頼できないように進化したのではないでしょうか。

 

もちろん、それが正しいかどうかはわかりませんが、現代でも知らない人に声をかけたり声をかけられたりすれば、一瞬警戒しますよね。

 

多分、それと同じようなことが言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、この実験は一瞬見て信頼性を判断するもので、イスラエル人だから、または日本人だから、信頼できないというものではないです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク