認知心理学

イメージした場所によって近くに感じたり遠くに感じたりする!?

投稿日:


 

今回は場所によって距離が近く感じたり遠く感じたりするのかという実験を紹介します。

 

例えば、山の上や高いビルから周囲を一望する時、遠いところのものは近くのものより、ぎゅっとまとまって見えます。

 

近いものが広範囲にばらついて見え、遠くのものが密度が高く見える現象は想像が簡単につきますよね。

 

では、これが想像した時でも同じ現象が起きるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

想像する視点で距離の感覚はゆがむ!?

 

スタンフォード大学のバーバラ・トベルスキーは、アメリカの東海岸と西海岸の間にある大学の学生に、太平洋岸のサンフランシスコ、あるいは大西洋のニューヨークのどちらかにいいるところを想像してもらった。(1)

 

そしてサンフランシスコとニューヨークにある、いくつかの都市の間の都市の間にの距離を当ててもらうようにした。

 

その結果、自分がサンフランシスコにいると想像した学生たちは、サンフランシスコとソルトレークシティーの距離を、ニューヨークにいると想像した学生たちよりも長いと推測した。

 

逆にニューヨークにいると思っている学生たちは、ニューヨークとフィラデルフィアの距離を、サンフランシスコにいると思っている学生たちよりも距離が長いと推定した。

 

つまり、距離が望遠鏡をのぞいているかのように、近い時は大きく、遠い時は小さく見えたるようだった。

 

また、学生たちは実際にどちらの場所にもいなかった。

 

この歪みは、その人が空間のどこにいるかには関わりがなく、想像上の視点だけに依存して、この現象が起きていた。

 

 

また、これは距離だけでなく、社会的集団を判断する時も起こるようです。

 

人は自分と同じ社会集団、近い集団にいる人を、他の遠い社会集団にいる人たちよりも細かく区別するようです。

 

まぁ、近くにいれば、それは当然ですが。

 

ちょっと一言

人間の感覚って不思議ですよね。

 

で、こういうことがわかれば、遠い国に旅行に行って、思った以上に目的地が遠かったなんてことはなくせると思います。

 

要するに、近いって感じるのは小さく感じているからであって、ある程度距離があると考えておくと失敗しないですむはずです。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク