認知心理学

フェイクニュースかどうかを判断するには過去のフェイクニュースを知ること?

投稿日:


 

今回は、フェイクニュースかどうかを判断できる方法です。

 

みなさんは、フェイクニュースにだまされたことがありますか。

 

いずれにしても、誰もフェイクニュースにだまされたくありませんよね。

 

みなさんならどうやって対策しますか。

 

いろいろ調べたりする人いるかもしれませんが、もっと簡単な方法があるのです。

 

スポンサーリンク
 

 

偽情報には偽情報を!

クイーンズランド大学のジョン・クックたちは、気候変動に対する一般的な誤解を防げるのかどうかを調査した。(1)

 

研究では、気候変動に関する誤った情報の影響を実験的に調査し、誤った情報の影響を減らすように設計されたいくつかの先制介入をテストした。

 

具体的には、たばこ産業が喫煙と肺がんとの関連を示したエビデンスに疑問を呈するために、どのように「偽の専門家」を使ったかというファクトシートを被験者に見せた。

 

それから、オレゴン請願書で生化学者のアーサー・B・ロビンンソンが中心となって科学の学位を持つ3万1000人の署名を集めたものを被験者に見せた。

 

全員が人間が発生させる温室効果ガスが地球の気候変動の原因であるということに疑問を持っているという触れ込みだった。

 

もちろん、信憑性はなかった。

 

また、リストにはスパイスガールズのメンバーだったジェリ・ハウエル博士の署名もあった。(2)

 

さらに、問合せを受けた署名者のうち、気候科学を学んだ人は1%以下だった。

 

その結果、人為的地球温暖化(AGW)に関する科学的合意のレベルについて人々を混乱させる誤った情報は、二極化効果をもたらし、ファクトシートを見た被験者はAGWの受け入れを減らし、ファクトシートをみなかった被験者は専門家の経歴に疑問を抱かず、AGWの受け入れる傾向にあった(特に右派寄りの人はその傾向が強かった)。

 

また、前者の被験者は気候変動に関する科学的コンセンサスを強調するメッセージを読んでも、政治信条に関わらず誤った情報の悪影響を中和するのに効果的であることがわかった。

 

これは、嘘を受け入れてしまう「動機付けられた推論」全く見られなかった。

 

ちょっと一言

要するに、嘘の情報を一回知っておくだけで懐疑的になり、かなり騙されにくくなったのだと思います。

 

言ってみれば、情報のワクチンですかね。

 

情報にだまされたくないのであれば、過去のデマ情報を調べてみるといいと思います。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-認知心理学

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク