認知心理学

典型的な平均的な顔ってどんな顔?それは普段見ている人たちのかで決まるかも!?

投稿日:


 

みなさんにとって典型的、つまり見慣れている顔ってどんな顔ですか。

 

多分、一番は家族ではないでしょうか。

 

で、何でそういうことが大事かと言いますと、どうやら自分が思っている典型的な顔の人の方を人間は好感を持つようなのです。

 

スポンサーリンク
 

 

典型的な顔はどんな顔!?

プリンストン大学のアレクサンダー・トドロフたちは、人が典型的な顔を知覚する顔はどんなものかについて調べた。(1)

 

まず、参加者たちに数百枚の顔画像を見せた。

 

ちなみに、実験では、顔の単なる統計的位置が社会的意味を顔の特徴だということを意味していた。

 

つまり、個々の参加者グループに対して個々の顔を作成した。

 

例えば、Aグループが球体の顔で、Bグループが面長の顔みたいな感じ。

 

これで顔の印象で影響を与えた。

 

・実験の第一段階

各テストで参加者たちに顔の球体から生成された1個の顔画像を見てもらった。

 

合計で500枚見てもらった。

 

また、顔画像への集中を保ってもらうために、あるシルエットを見せ、参加者たちにそのシルエットが顔に合っているかどうか判断してもらった。

 

・実験の第二段階

参加者たちは新規の一連の顔を見せられ、個々の顔について評定した。

 

その結果、参加者たちは自分たちが学習した平均的な顔をより典型的だと評価した。

 

一方で、顔は学習した中心的傾向から逸脱するほど、否定的に評価された。

 

この調査結果は、個人が顔の特徴の異なる分布を含むさまざまな環境で30分も経たないうちに典型的だと思う顔が変わってしまったのです。

 

ちょっと一言

ということは、典型的な顔っていうのは個人によって全然違うっていうことです。

 

だから、普段、見慣れている典型的な顔の人なら、肯定的な印象があるので、すぐに仲良くなったりできるかもしれません。

 

逆もしかりで、見慣れていない顔の人の場合は、否定的な印象を持たれてしまうかもしれません。

 

だからといって、そういう人が肯定的な印象を持ってもらえないかと言えば、そんなことはありません。

 

単純接触効果と言って、人間は何回も会う人に好意を持ってしまうのです。

 

この実験は、ほんの一瞬を切り取ったにすぎません。

 

ですので、相手にとって自分の顔が典型的ではなくても、何度も会えば典型的になってくるのです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク