認知心理学

自己成就予言の効果の具体例!~人種に対しての思い込みのメリット~

投稿日:


 

 

「人種」っていうと、差別っていう言葉がすぐに頭に浮かんでしまいます。

 

それって、僕だけですかね~。

 

そして、人種によって思い込みがたくさんあると思います。

 

ただ、思い込みって聞くと悪そうなイメージもあると思いますが、実はいい面もあるのです。

 

今回は、人種によっての思い込みを使って自己成就効果を働かせて、運動能力を上げられてしまうという研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

人種によって言葉を変えるだけで運動能力が高まっちゃう!?

アリゾナ州立大学のジェフ・ストーンたちは、思い込みによって運動能力に差が生じるのかということについて実験した。(1)

 

この実験では、プリンストン大学の多くの黒人と白人の学生たち(誰も普段からゴルフをしない)に、パットを入れることと、どのパットを選ぶか(得点は高いが難しいパッとか、得点は低いが簡単に入れられるパットか)という課題を与えた。

 

そして、学生たちの一部には、これは「生まれつきの運動能力」、つまり「ボールを打ったり投げたり」に関わる種類の手と目の協調運動を測るテストだと伝えた。

 

残りの学生たちには、この作業は「運動的知性」、あるいは「運動をしながら戦略的に思考する能力」を測るテストだと伝えた。

 

その結果、黒人の被験者たちはこの作業が運動的な知性よりも生来の運動能力を必要とするものだと考えた場合により大きな成果を上げ、一方で白人の被験者たちは反対の結果を見せた。(とはいってもそこまで正反対ではありませんが)

 

つまり、人種によっての運動能力の思い込みが自己成就的なものになったということが言えるのです。

 

ちょっと一言

ですので、黒人の友達がいれば、運動をやる時は「生まれつき運動能力が高いんだね」と言えば、白人の友達がいれば「物事を戦略的に考えるのが得意なんだね」と言ってあげれば、自己成就予言の効果が発揮されるので、そう言ってあげればいいと思います。

 

人種に対する思い込みも長所と短所があるっていうことですね。

 

日本人の場合はどうなでしょうかね。

 

「チームワークを大事する」とかですかね。

 

あまり人と関わらない僕には刺さらない言葉ですが・・・。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-認知心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク