コミュニケーション

相手の話を聞いてあげているのは現金をあげているのと同じ効果があるというハーバード大学の研究!

投稿日:2020年3月9日 更新日:


 

話がうまい人って、みなさんは会ったことがありますか。

 

僕はほとんどいません。

 

というより、根本的に話がうまい人って自分のことをひけらかしたりしないのです。

 

話がうまい人は相手の話を聞く人なのです。

 

その理由は・・・

 

スポンサーリンク
 

 

自分の話は報酬をもらっているのと同じ!?

ハーバード大学のダイアナ・タミールたちは3種類の質問にどれか1つに答える報酬として参加者に少額の現金を支払った。(1)

 

質問は事実に関するもの(「レオナルド・ダ・ヴィンチはモナリザを描いた。嘘か本当か。」など)、他者について想像を促すもの(「アメリカ大統領はスキーのようなウィンタースポーツがどの程度好きか」など)、自分自身について述べるもの(「あなたはスキーのようなウィンタースポーツがどの程度好きか」など)だった。

 

その結果、大半の被験者は自分自身について語ることを選んだ。

 

ちなみに、この実験では自分のことについて語る場合は現金が他の選択肢よりも17%ももらえる額が少なかった。

 

それにもかかわらず、現金を諦め自分のことを選んだ。

 

また、脳画像でわかったことは自分のことについて話すときに参加者の神経の報酬システムが活発になる一方、他者について想像した時は同じ現象は起こらなかった。

 

だから、話がうまい人って相手に話させてあげるのです。

 

なぜなら、報酬をあげているのと同じだからです。

 

ちょっと一言

だからといって、ただ何も言わずにボーっと聞いていればいいわけではありません。

 

相手の興味を持って聞くことが大事です。

 

ですが、全部に興味を持つことは不可能ですし、興味をがない場合は感情がのりませんのでわざとらしく聞こえます。

 

ですので、自分が相手の話に興味を持った部分だけ気持ち(目的や動機)などを聞いてあげればいいのです。

 

ちなみに、メンタリストDaiGoさんの参考になる動画もありますのでよかったら見てみてください。

 

現金を配るレベルで好かれる 【ホメ殺しの14の技法】

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-コミュニケーション

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク