コミュニケーション

良い職に就いている友達がたくさんいると仕事を見つけやすみたい!

投稿日:2021年2月15日 更新日:


 

今回は、職を得やすい方法です。

 

多分、職を探している人はネットか雑誌で調べて面接に行っているかもしれません。

 

ただ、面接が合格するかどうかは不安ですよね。

 

ですが、友達に紹介してもらうと、仕事を探しやすくなるみたいです。

 

スポンサーリンク
 

 

就職には友達がいると有利!?

1951年、ジョージ・シュワルツという研究者は、職を得る方法について詳細に調査をした。(1)

 

その結果、インタビューした繊維労働者の半数以上が、友だちを通して職を得ていたことがわかった。

 

だけど、これだと線維産業独特の現象かもしれませんよね。

 

その後、研究者は、様々な業界の就業者がどうやって職を見つけたかについても調査した。(2)

 

その結果、秘書、管理人、フォークリフトの運転手、トラック運転手、電気技師などの多くの職種において、50~70%程度の人たちが友達を通して仕事を見つけていた。

 

それから、その後の研究により、低スキルの職から管理職まで世の中のどの職業でも、友だちや知り合いを通して仕事を見つける割合が高いことがわかった。(3)(4)(5)

 

良い職に就いている友達がいると!?

スタンフォード大学のマシュー・ジャクソンたちは、友達が職に就いているかいないかでその人の影響について調べた。(6)(7)(8)(9)

 

その結果、良い職に就いている友達がたくさんいると、多く面で有利になることがわかった。

 

求人があるということを聴きつける友達からたくさん情報が回ってくる機会が増えるし、そうすると、自分に合った仕事が見つかるチャンスも増えた。

 

ちょっと一言

今はネットで職を探す時代ですが、友だちからの紹介でも結構良い職が見つかるかもしれませんね。

 

まぁ、そのためだけに友達はあえてつくらなくてもいいと思いますが、友達がある程度多くいた方が就職には有利みたいですね。

 

他にも、何かの誘いを受けることもあるかもしれませんので、友達は作っておいて損はないかなと思います。

 

また、逆にこちらが紹介してあげれば、何かあった時は助けてくれることもあるかと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-コミュニケーション

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク