コミュニケーション

感情って意外に大事

投稿日:2017年3月29日 更新日:


感情

 

昔は他人の感情を読めていませんでした。

だからコミュニケーション能力は皆無。

そして、心理学をかじり、色々わかりました。

 

な~んだ、そんなことかということばっか。

 

相手の感情を受け止めましょうとか。イエスと答えられる質問をしましょうとか。

 

そんな感じで勉強してきまして、

じゃあ、今は?と聞かれると怪しいとこもあるかもしれません。

 

相手の感情を読むには何をすれば、いいかということで

 

スポンサーリンク
 

 

デビッド・コナー・キッドの実験によると、

 

被験者に

  • 全米図書賞の純文学
  • ベストセラーの娯楽小説
  • ノンフィクション小説

 

この3種類の中で他人の感情を読むテストで高得点だったのは純文学を読んだ被験者。

 

研究者のおススメのリディア・デイヴィス。

 

とりあえず、「ほとんど記憶にない女」を読んでみました。

 

今まで読んだことがない感じで抽象的だけど想像できる。

 

見方も多面的で感情能力は鍛えられるのではないかと思うとこです。

 

ただ、普段あまり小説を読まない僕にとっては何を読んでいいのやらでちょっとした悩みの種です。

 

他にも自分の感情を偽ると嫌われやすいってオレゴン大学の研究もありまして

 

・内向的に見られる

・好感を持たれにくくなる

・親密な関係になれそうにない

・仲間に入れたいと思わない

 

個人的にもうこれ以上、聞きたくありません!

 

ジムに行ってレッスンが始まるまでずっと本を読んでいる人間ですのでこう見られている可能性は大いにあると思います。

 

正直なところ、だからといって仲間に入れてもらいたいわけでもないんで。

 

まぁフツーに考えても感情を抑制する人は相手からしたら心が読みにくい人だというように見られ、敬遠されるのもうなずけます。

 

だから普段から表情を動かすトレーニングなんかいいと思います。

 

歯を磨いた後に歯ブラシでも箸でもいいんで棒状のものを20秒間くわえる。

こうすれば、嫌でも笑顔になれます。

 

笑顔はその人の魅力を30%も上げてくれるのでやってみる価値はあり。

 

直感的にも笑顔の人の方が話しやすいですよね。

 

感情は読めた方がコミュニケーションをする上では楽です。

 

相手が自分の感情を理解してくれない人とは話そうとしません。

 

だから相手の言うことを聞くのが大事だだと盛んにいわれるのはこういことだと僕は解釈しています。

 

ただ聞いていたら、それは相手にも伝わりやすくなります。

 

言葉ではうまく言い表せなくても、なんか話は聞いてもらったけど本当には聞いてもらえてなかったという感覚を相手に与えるので機械的に聞くならやめておいた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク