コミュニケーション

本当になりたい友達を診断!~本当の友達の特徴(友達になるべき人)とは?~

投稿日:2018年5月26日 更新日:


本当、友達、診断、本当、友達、特徴、友達、なるべき人

 

ジャン・イェガーの著書に「friendshift」に「友達適合テスト」というものがあります。(1)

 

友達になりたいという相手ができたら、その相手に友情を培っていくかを、判断の参考になるテストなようです。

 

そして、このテストはその相手があなたを裏切ったり、あなたにダメージを与えるような友達かも予想できるみたいです。

 

ですが、人間って状況に左右されることもあるので確証はありませんが、相手の行動や状況に危険信号がついていないか判断するためのガイドくらいに思ってもらえればいいと思います。

 

最終的には、自分で決めることが大事です。

 

スポンサーリンク
 

 

友達適合テスト

1、その人は、嘘をつかないか。

 

2、その人は、あなたの同僚、部下、上司(仕事で知り合った相手の場合)や、あなたの家族、恋人(仕事以外で知り合った相手の場合)や、礼儀正しい態度をとっているか。敬意をこめて、信頼できる態度で接しているか。

 

3、その人が誰かに似ている場合、その「誰か」は、あなたの好きな人、憧れの人、尊敬する人か。

 

4、その人の他の友達はどんな友達か。友達はその人を信頼しているか。

 

5、その人に次ぎ会う日が待ち遠しいか。メールなどを心待ちにしているか。

 

6、その人は、あなたと友達になりたいという気持ちを言葉や態度で示しているか。

 

7、すでにいる友達に加え、その人を友達にするだけの時間やエネルギーはあるか。

 

8、その人のことを知るために充分な時間を使っているか。

 

9、その人と何か楽しいことをしているか。

 

10、共通の趣味があるか。

 

11、その人と電話で話すと落ち着くか。

 

12、その人との間に価値観の開きがある場合、その相違は障害にならないと思うか。

 

13、宗教、民族、人種、年齢が異なる場合、お互いにそのことは許容できるか。

 

14、社会的経済的階層が異なる場合、その違いはお互い気にならないか。

 

15、電話をかけたり、会ったりする頻度について、合意しているか。

 

16、自宅、または職場が近いか。遠い場合、距離は障害にならないか。

 

17、特別な事情がある場合を除き、その人からの電話には24時間以内に折り返し返事をしているか。

 

18、その人と約束した後で、恋人や妻・夫との幼児ができても、あなたはその人との約束を優先しているか。優先しないまでも、日程を変更して誠実に対応しているか。

 

19、その人のことが直感的に好きか。

 

20、その人にとい18,19を質問したら、「はい」と答えると思うか。

 

全ての質問に「はい」と答えたなら、その相手はポジティブで、申し分ない性格の持ち主のようです。

 

信頼できる友達になれる可能性は高いです。

 

また、「いいえ」2,3個、あった場合は、状況や感情、価値の対立に目をつぶることができるのか考えてみた方が良いです。

 

さらに、前に友達だった相手ともう一度付き合いたいか迷っている人もいると思います。

 

もう一度友達になりたい自己診断テスト

以下の質問に、「いつも」「よく」「ときどき」「一度もない」で答えてください。

 

1、その友達とは、一緒に遊んだ。

 

2、その友達は、自分の一番良いところを引き出してくれた。

 

3、その友達に会いたいと思うことがある。

 

4、あの人は今頃、何をしているのだろうと思うことがある。

 

5、前にその友達を探そうとしたことがあったが、どうやって探せばいいのかわからなかった。

 

4つ以上、「いつも」「よく」と答えたら、その友達を探したいと思っていますし、その準備ができています。

 

また、「いつも」「よく」「ときどき」があった場合、探す価値があるかもしれません。

 

いずれにしても、その利流をはっきりさせておく事が重要です。

 

反対に、「一度もない」という答えがあったら、現時点で再開するのは適当ではない可能性が高いです。

 

ちょっと一言

この診断はあくまで、1つの基準です。

 

最終的には自分で決めることです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク