集中

別に作業を中断したからって成果に影響はないし、むしろ速いこともあるという研究!

投稿日:


 

僕は会社に勤務したことがないです。

 

だから、会社でみんながどんなことをしているのか全くわかりません。

 

ですが、どうやら仕事中に余計なことばかりしているという研究を見つけました。

 

みなさんの周りにもそういう人がいると思います。

 

だから、仕事が遅くて残業が多いんじゃないの?って僕は思いましたが、実はそうでもないようです。

 

スポンサーリンク
 

 

仕事中に仕事以外のことをしているのはどれくらい?

ニューヨーク市立大学の研究では、就業中に気をとられる対象は、インターネット、ゲームなど、仕事以外のものが多いことがわかった。(1)

 

職場でコンピューターを使って作業を切り替える対象の76%は仕事以外で、仕事が対象になるのはわずか13%。

 

会社にとっては大損ですね。

 

ですが、成果としてみたらそうでもないようです。

 

作業を中断しても成果は同じ?

カリフォルニア大学アーヴィン校のグロリア・マークたちは、作業を中断する行為(電話をとる、メールを返信するなど)によって仕事の成果が変わるかどうか調査した。(2)

 

その結果、どの行為によって作業を中断するかは成果に影響しなった。

 

ところが、一度でも作業を中断したグループは、一度も作業を中断しなかったグループよりも短い時間で作業を終えていることがわかった。

 

そして、成果の質に違いはなく、これらの被験者は頻繁な作業の切り替えによる弊害を受けていないことが示された。

 

研究者たちは、「被験者は作業のペースを速めることで中断した分の作業を取り戻していた。ただし、これはさらなるストレス、焦燥感、時間的プレッシャー」、疲労といった代償が伴う」とまとめている。

 

ちょっと一言

仕事中に余計なことをやっても、時間内に終わらせられるみたいでしたね。

 

多分、締め切り効果が働いているのかと思います。

 

それだったら、就業時間をもっと短くしちゃえばいいのにと思いますが。

 

まぁ、焦りはストレス、疲労といった原因になるので、逆に自分で締め切り時間を作ってさっさと仕事を終わらせた方が良いと思います。

 

そうすれば、自分でコントロールしている感じがあり、周りのプレッシャーを感じずに済むので、そこまでストレスは感じないので、同じ締め切りならそっちの方が良いと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-集中

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク