教育

忍耐力などの非認知能力は後からでも身に付けることができるのか!?

投稿日:2021年3月6日 更新日:


 

 

 

今回は、子供の忍耐力は育て方で身に付けることができるのかという話についてです。

 

色んな性格や能力は遺伝や環境によって変わってきます。

 

性格などは半分が遺伝で決まります。

 

また、「生まれと育ち」のどちらが大切かについては、人類学者たちと集団遺伝学者たちの間でも結論が出ていません。(1)(2)(3)

しかし、育ちが大切なのはほぼ確実です。

 

例えば、養子についての研究では、家庭での育て方が非常に重要だということがわかっています。(4)

 

そして、子育ては時間をかけたスキルの発達に中心的な役割を果たします。

 

では、今回のテーマである非認知能力は育て方が鍛えることができるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

非認知能力は育て方で身に付くのか!?

シカゴ大学のジェームズ・J・ヘックマンたちは、貧困家庭を対象とした教育支援プログラムで、子どもたちの非認知能力に影響を与えられるかどうかを調べた。(5)(6)

 

その結果、支援を受けた子どもたちは受けなかった子どもたちに比べ、学習意欲が高まり、犯罪に関わることも少なく、自分の行動が将来的な結果に与える影響について考える傾向が強かった。

 

もちろん、どんな能力も多かれ少なかれ遺伝は関係しますが、この研究でわかった通り、非認知能力は後からでも身に付けられるのです。

 

また、同様の研究結果は他にも出ています(7)(8)(9)

 

ちなみに、こういう忍耐などのスキルは成功だと言われています。

 

多数の研究の中で、研究者は「ソフトスキルが労働市場と社会的行動における成功の原動力」だとコメント。(10)

 

育て方で子供の価値観などが大きく変わる!?

また、ドイツ社会経済パネル(GSОEP)を使った調査では、子育てに労力を多く使う親は子供への信頼感とリスクへの態度を形成することができることがわかった。(10)

 

つまり、育児スタイルの選択が価値観、態度、そして将来的には子供の決断に大きな影響与える可能性が示唆さされたのです。

 

ちょっと一言

ということで、非認知能力は遺伝も多少はあるかと思いますが、育て方で後からいくらでもいくらでも伸ばせる能力だということでした。

 

もちろん、大人になってからでも大丈夫です。

 

やり方は瞑想と運動が一番効果があります。

 

もっと簡単なのは、非認知能力の高い人に近づいて友達になることです。

 

人間って、付き合っている人の影響をかなり受けてしまうので。

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-教育

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク