ジェンダー

老後に対する考え方は男性はポジティブで、女性は現実的!?

投稿日:2019年12月7日 更新日:


 

老後なんて僕は何も考えていませんが、みなさんはどうでしょうか。

 

そもそも今を生きることで精いっぱいで、自分がそんなふうになった時のことは想像できません。

 

結局、歳をとっていくので、今を一生懸命になっていれば、それがベストだと感じます。

 

ただ、男女でどうも老後に対する考え方が違うようです。

 

スポンサーリンク
 

 

男女の老後のイメージ!

エイジラボの研究者たちは、自由回答の手法を用いて、25~60歳の人を対象に実験的な調査を行った。(1)

 

回答者には、65歳以降の生活を思い描いた時に何が楽しみで、何に恐怖を感じるかを想像し、釣り、入院、1人ぼっちの外食、金銭苦など、高齢者に起こり得そうな状況を表す大量の写真の中から選んでもらった。

 

次に、選んだ写真をダーツの的のような円系の場所に、中央の輪には一番楽しみな写真を、一番外側の輪にはもっとも起こってほしくない写真の順に置いてもらった。

 

回答者が写真を置き終わった後で、その選択についていくつか質問をした。

 

会話を録音してわかったことは、男性は高齢になった時の楽しい成果の方に、それを達成するプロセスより執着していた。

 

具体的には、「自立」「余暇」「息抜き」「満ち足り」の語を、「計画」「投資」「住宅ローン」「契約」「株式」「年金」「社会保障」「貯金」「保険」「資金管理」より多く使った。

 

一方、女性は年をとってから幸せに暮らすためのプロセスが、会話の中に多くあった。

 

また、男性の回答は概して女性よりポジティブだった。

 

「幸せ」と「グッド」を口にする回数は女性より2倍多く、「ナイス」と「楽しみ」は3倍だった。

 

逆に、女性は「心配」と「ストレス」が男性より2倍多かった。

 

つまり、男性は老いに対して楽観的に、女性はその時の難題を把握し、事前に計画して備えようとするのですね。

 

ちょっと一言

僕は男なので、楽観的なのかと思いました。

 

心理学的にも、心配事はほとんど起こらないんで、心配する意味がないかと。

 

もちろん、起きた時にはちゃんと対処するべきだと思いますが。

 

女性側の目線で立てば、例えばお金が心配なら、自分でビジネスを始めるとかなんらかの対策をとれば心配事は少しずつ消えていくと思います。

 

とにかく、行動を起こすことです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ジェンダー

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク