幸福

人生で一貫して幸せだと感じられるもの!それは人間関係だというのが答え!!

投稿日:


 

誰でも幸せになりたいと思っているはずです。

 

「お金があれば幸せ」「好きなことをやっていれば幸せ」「有名になれば幸せ」とかって思っているかもしれません。

 

一瞬の幸せを感じたいならそれでもいいかもしれません。

 

でも、みなさんは死ぬまで幸せでいたいと思っているはずですよね。

 

今回は4分の3世紀以上かけて人間にとって根本的に何が一番幸せをもたらしてくれるのかという研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

人間がずっと幸せで感じらるものとは!?

心理学者のジョージ・ヴァイラントたちは、根本的に人生の幸福を決めているものはあるのかどうかを調べた。(1)

 

この研究は1937年以来「ハーバード成人発達研究」という研究で、数百人に及ぶ協力者の個人データを集めていた。

 

当時の調査のために268人のハーバード大学の学生(全員白人男性)に協力を依頼した。

 

一方で、研究者側は心理学者、人類学者、ソーシャルワーカー、生理学者を含む専門チームをつくり、詳細な調査を開始した。

 

協力者たちには5年おきに徹底的な身体検査や一連の心理テストを受け、15年おきに面談に応じ、1年おきに質問票に回答を記入してもらった。

 

これを70年以上続けた。

 

その結果、最も幸福を左右していたのは人間関係であることがわかった。

 

つまり、中年を迎えるころにその人物が幸福かどうかを予測する唯一の要因は「良好な人間関係」だった。

 

また、幸せを感じてる人の中でも、幸福度の高い上位1割に入るためには、ある種の恋愛関係を持っている必要があることを示した。

 

中でも、既婚者の成人の40%が「今一番幸せ」だと表現した一方で、1度も結婚していない人ではその割合が23%だった。

 

ちょっと一言

だからといって、全てが結婚などでしか幸せが手に入るわけではありません。

 

主な例として、

・利他的な行動、つまり人のためになるような行動をとること。

・感謝することで幸せが短期的に得られる。

・パートナーと新しく珍しい体験を共有する。

・ネガティブなことを感じたら、寛容な許容範囲を広げるようにする。

 

僕みたいに人間関係をあまり作れない人はこういうことをやってみるのもいいと思います。

 

ただ、生きてく上で必ず人間関係は必要ですが、浅く広くではなく深く付き合える人が何人かいるだけで十分です。

 

つまり、何かあった時にお互い助け合えることが大事で、それによって安心感が得られるので幸福度が高まるのではないかと思います。

 

知っている人がたくさんいたって信用できなければ、それは人間関係として成り立っていないと僕は思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク