幸福

幸せな人は幸せな人生を送っている!~幸せな人の共通点とは?~

投稿日:2017年6月11日 更新日:


幸せな人、幸せな人生、幸せな人の共通点

 

「あの芸能人、きれいな女優(またはかっこいい俳優)と結婚できてうらやましいな~。」・・・

「俺なんか~」「私なんか~」・・・「でも幸せになりたいな~」なんて思っていませんか。

 

そもそも幸せとはどういうことか考えたことがありますか。

 

お金をたくさん持っていても、誰からも羨ましがられる生活をしていようが、幸せには直接結びつきません。

 

では、どういう人が幸せな人なのかを知る前に、まずあなた自身がどれほど幸せなのかがわかる心理テストを受けてみてください。

 

スポンサーリンク
 

 

幸せな人、幸せじゃない人の分類

心理学者のソニア・リュボミルスキーらは人間が社会的比較にかかわる情報に接した時の個人の反応を調査。

結果から言えば、幸福な人間ほど打撃を受けないことが明らかになった。

 

リュボミルスキーは日常的幸福感(その時々の気分として使われる)を測るためのテストを被験者、比較的幸福な人、比較的不幸な人に分類して、行った。

 

主観的幸福スケール

質問を読み自分に最も当てはまる数字を○で囲んでください。

1.自分は大体において

幸福ではない 1 2 3 4 5 6 7 極めて幸福

2.周囲に比べて自分は

他の人より幸福ではない 1 2 3 4 5 6 7 他の人より幸福

 

3.基本的に極めて幸福な人がいる。環境がどうであれ生活を楽しみ、どんな状況からも最大限に良いところを引き出そうとする。この性格は自分にどの程度当てはまるか。

全く当てはまらない 1 2 3 4 5 6 7 すごく当てはまる

 

4.基本的に幸福でない人がいる。落ち込んでいるわけではないが、もっと幸せそうでもいいのではないかというという印象を与える。この性格はどの程度自分に当てはまるか。

全く当てはまらない 1 2 3 4 5 6 7 すごく当てはまる

 

幸せな人は過去の自分と競争する!

これをもとに、一つ目の調査では被験者たちにアナグラム(つづりを入れ替え、別の言葉にするゲーム)の問題を解いてもらった。

作業中、隣では他の人(実は実験協力者)が同じ問題を解いている。この隣の人は被験者より早く解いたり、わざと遅くしたりした。

 

リュボミルスキーはこの調査で幸福な人は隣の人の作業が速くても遅くても、ほとんど気にしないことを発見した。さらに自分のアナグラム処理能力の評価とそれについての感想を求めたところ、幸せな人の自己評価は実際に問題を解く前より後の方が高くなっていた。

 

それは隣の人が自分よりも速かった場合でも処理能力の評価や感想はやや上向いていた。

 

逆に幸せではないと思っている人は自分の作業が速い場合、能力評価が高くなり、感情がプラスになり、自分が遅い時は能力評価も低くなり、感情がマイナスになっていた。

 

幸せな人も全く他人を気にしていなくはないってことです。どちらにしろ結果的に上向きになるんですね。

 

幸せな人の共通点は他人と比べないこと!

次の調査では被験者にビデオ撮影のために幼稚園の先生になってもらった。専門家が一人ずつにつき(実は実験協力者)、後で被験者に指導ぶりについて、詳しいコメントを与える。被験者にはそれぞれ、パートナーがいて、二人並んで、別々に同じことを教える。

 

調査の狙いはコメントが被験者の気分にどう影響を与えるかということ。

 

結果は幸福な人は良いコメントをもらうと気分が上向き、悪いコメントをもらうと気分が落ち込んだ。だが、パートナーへのコメントを聞いても聞かなくても気分に変化はなかった。

 

一方、幸福ではない人は良いコメントをもらっていても、パートナーがそれ以上に良いコメントもらっていたら気分が落ち込む。反対に悪いコメントをもらっていても、パートナーがもっと悪いコメントをもらっていれば、気分は上向く。

 

幸せではない人の尺度は常の相対評価ということですね。

 

誰でも幸せになれる方法がある!

リュボミルスキーはこの違いについて突き止めようとした。幸せな人にも幸せではない人にも作業について否定的なコメントを聞かせた後、別なことを考えさせ、気を紛らわせるように仕向ける。反応はどちらも気分を立て直した。

 

次にどちらの人にも否定的なコメントを聞かせた後、それについてじっくり考えるように仕向けたところ、両者に違いはなく、どちらも気分が落ち込んだ。

 

この結果から推論して、反応を分けるのは気分を紛らわせるか、じっくり考えるかの違い。幸福な人は気分を紛らわして,気を取り直し、前進する能力があるが、幸福でない人はいつまでもくよくよ考えて、ますますみじめになっていく。

 

幸せな人は、ネガティブなことを言われても気にしないようですね。

 

だから、結果的にそのことから注意をそらし、前に進んでいけるのです。

 

はっきりしているのは他者と比べることは何の役にも立たない、というかマイナス要素が多いですね。だから比べてはいけないということが言えると思います。

 

ちょっと一言

比べてはいけないのはもちろんですが、人間は幸福な人も幸福でない人も悪く言われるのは良い気分がしません。ですが、どちら人も深刻に考えず、気分を紛らわせ、気を取り直せば、前進できるみたいですね。

 

深刻に考えないためには何かに熱中できるものをいくつか用意しておくといいです。ゲームでも映画でも。人間は一つのことしか考えられないので。

 

いつもの運動や瞑想など。

 

常に考えてしまうなら、紙に書いてそれを意味付けしちゃいましょう。

 

そして他人と比べなくなった瞬間、きっと幸せな人生が送れます!

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク