幸福

収入が多く物を買っても幸せにはなれず、むしろストレスになるという事実!

投稿日:2019年5月12日 更新日:


 

「お金があれば幸せになれる」と思っている人は結構いると思います。

 

もちろん、ある程度お金は必要ですが、ものを買えば幸せになれるわけではないのです。

 

逆に、ものがあった分だけストレスになるということもあるのです。

 

スポンサーリンク
 

 

収入と幸福度!

ハーバーフォード大学の研究者たちが、収入と幸福度の関係について調べたところ、低収入では収入が上がれば幸福度も上がったが、必要なものが買え、お金の心配がなくなると、それ以上収入が増えても,幸福度はあまり上がらない、もしくは全く上がらないということがわかった。(1)

 

その他に、特に温かい人間関係は幸福度を大きく上げることがわかった。

 

また、その社会で平均的な収入を得ている独身なら、パートナーを見つけることが約7~8倍の収入増と同じくらい幸福度を上げてくれる。

 

お金はある程度あった方が良いのは間違いありませんが、それ以上に幸せになりたければ、良い人間関係を築くことですね。

 

お金がないと不幸だと思われる!?

ブリティッシュコロンビア大学のエリザベス・ダンたちは、アメリカでの低収入層の幸福度に関して、研究を2つ行った。(2)(3)

 

1つ目の調査では、年収2万ドル未満で暮らしている人たちがどのくらいの時間、不機嫌でいるかを参加者に推測してもらった。

 

もう1つの調査では、年収を5万5000ドル以下の人たちがどのくらい幸福かを参加者に推測してもらった。

 

どちらの調査でも、質問の答えに必要なデータを見てもらっていた。

 

その結果、前者の研究では、参加者は不機嫌な度合いを実際よりもかなり評価し、後者の研究では、この比較的低収入の対象層の幸福度を実際よりもかなり低く評価したことがわかった。

 

お金があれば幸せで、なければ不幸だということが染み込んでいるのですね。

 

ですが、ものを買えば幸せになれるというのは幻想なんですよね。

 

ものがありすぎる現状!

ロサンゼルス市内の32世帯を詳しく調査したところ、その4分の3がガレージに物がいっぱいで車が停められないことがわかった。(4)

 

さらに、ものがありすぎて、それを整理する母親のストレスホルモンが上昇していることもわかった。

 

ニューヨーク・タイムズに掲載された記事によれば、アメリカでは、1戸当たりの面積は増加し続け、1人当たりの床面積は1950年の3倍にもなっているにもかかわらず、貸倉庫には年間220億ドルもの料金が支払われている。(5)

 

ちょっと一言

お金がない人はある程度稼げば幸せになれますが、お金に心配がなくなった時は人間関係などに使った方が良いというのがポイントです。

 

また、物が多い人は整理整頓してみては。

 

ストレスのせいで、また物を買うという負のスパイラルに陥らないために。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク