幸福

どんな職業でも、仕事ができるヤツはけっこうたくさんの趣味を持っている!という研究

投稿日:2018年12月10日 更新日:


仕事、楽しむ、メリット、趣味、持つこと

 

そもそも、仕事なんてやりたくないし、できれば会社なんか行きたくないと思っていせんか。

 

だけど、家庭があるとかで家族のために頑張っていると思います。

 

そう考えた時に、答えは1つです。

 

仕事を楽しくし、満足できるようにし、さらに周りから仕事ができる人だと思わせればいいのです。

 

そうすれば、「仕事はやりたくない」から「仕事は楽しい」ものに変わります。

 

そうするためには・・・

 

スポンサーリンク
 

 

創造的な趣味のメリット!

組織心理学者のケヴィン・エシュルマンたちは、趣味が何に役立つのかを証明するために2つの研究を行った。(1)

 

1つ目は、様々な職業(経営、教育、管理、経営)につく341人が本業以外の活動に関するアンケートに回答し、自分の仕事ぶりを評価した。

 

その結果、多くの創造的活動をしている人たちほど、自分の仕事ぶりを高く評価した。

 

2つ目の研究では、アメリカ空軍の現役の大尉92人に同様のアンケートに回答してもらい、さらに他の人たちにもその人の仕事ぶりを評価してもらった。

 

この場合も、多くの創造的活動をしているほど、自分自身や他者からの評価が高かった。

 

趣味があるだけでは意味がない!?

生理学者のロバート・ルート・バーンスタインたちは、1958年から1978年まで4回、40人の男性科学者を対象に、仕事の習慣、時間の使い方、趣味、考え方といった話題に関するインタビューを実施し、科学者たちの研究の影響力を引用の数で評価した。(2)

 

その結果、視覚的思考、思考と行動を通じた学習、芸術や音楽といった要素を含む趣味は、特にメリットが大きかった。

 

そして、低評価だった科学者たちは、自身の研究の影響力を高めないような活動に勤しんでいた。

 

一方で、高評価の科学者たちは、同じ趣味をやるにしても、何らかの目的を見いだしていた。

 

要するに、趣味を持っていても、目的意識があるかどうかで大きく結果が変わってきたということです。

 

ということは、これから趣味を持とうと思う方は、なんらかの目的をもってやってみるといいと思います。

 

ちょっと一言

創造的な活動(趣味)を持っている人は、仕事ぶりに関して、自分自身や他人からの評価が高いということがわかりました。

 

また、趣味に目的意識を持つと、自分の影響力が高まることもわかりました。

 

だからといって、教室に通ったりしなくてはいけないかと言えばそうではありません。

 

この研究では、創造的な活動に意味を見いだせばいいということでしたから。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク