幸福

期待はずれでがっかりする心理!

投稿日:2017年4月29日 更新日:


期待はずれ、がっかり、する、心理

 

僕はとにかく暑い夏が嫌いです。だから快適に過ごせる北海道に住みたいとい思っています。

 

ところがいざ住んだら、どうでしょうか。

 

コンビニに行こうと思っても時間はかかるし、不便なことばかり。冬は思ったように歩けない・・・。

 

こんなとこに来るんじゃなかったということになります。

 

これを焦点幻想と言い、焦点の絞る的を間違えてしまうのです。

 

加えて、人生の重大な決断を下すときに犯しやすいミスになるので覚えておくといいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

思ったほどでは

将来の幸せを予測する時に“期待”の持つ力を研究している人がいまして、デイヴィッド・シュケイドという研究者がいます。

 

心理学者のダニエル・カーネマンとシュケイドは人生の大事な場面に直面した時、人は大して重要ではない要因(例えばその土地の気候)に注目し、より日常生活の大半を占める他の重要な要因(通勤、買い物などの便利さ)を軽んじる傾向があることを実験で示した。

 

その結果、人は現実より満足できるだろうと考え、ところが、いざその土地に移り住んでみたら、思ったほどではないと感じるみたいです。

 

幸福に関係あるもの、ないもの

びっくりしたのですが、個人の幸福に関して“状況”は以外にも重要ではないことがわかっています。

 

例えば、社会的地位、収入、学歴、既婚か未婚、宗教心も幸福の割合からいけば、なんと、3%程度。

 

対照的に四肢まひから失明している人、様々な障害を持つ人たちはかなり高い幸福度を示している。

 

重度の四肢まひを持つ人の93%は「生きていてよかった」と答えている。

 

・・・ってそんなこと障害あろうがなかろうがフツーにそうは思わないのですかね~。びっくりするような数字でもない気がするのですが。

 

またそういう人たちの84%は「自分の生活は平均以上」と答えている。

 

僕は平均って何ですかと質問したくなっちゃいます。

 

ちなみにこの研究では被験者ほとんどが無職で未婚で満足な教育を受けていない。それでも彼らの96%が自分の生活に満足して82%が社交生活に、76%が教育に満足していたと。

 

人の見方は知っているかで決まるかも!

カーネマンとシュケイドは119人の学生を集め、質問票で下半身不随に対する意見、例えば、脚が動かしにくい人、動かない人はどれくらいの頻度で良い気分、悪い気分を味わうか尋ねた。

 

結果は身体に重い障害を抱える知人がいない学生は良い気分と悪い気分に対して33%対43%の割合で悪い気分の方が多いと答えた。

 

一方、障害のある知人、友人、親戚がいる学生は53%対20%で良い気分の方が多いと答えた。

 

知らないってこういうことかもしれません。

 

隣の芝は青くみえるだけ

知らないということについてカーネマンとシュケイドは調査。中西部と南カリフォルニアの学生、2000人を集め、調査セッションに参加してもらった。

 

学生は自分のあらゆる生活面の満足度の他、別の地区に住む自分と似たような人の満足度を評価した。

 

後日、研究者たちが分析したところ、生活全般の満足度に差はなかった。違いと言えば、中西部の学生はカリフォルニアとは違い、気候に不満を持っていた。それでも満足度は同程度だった。

 

ここからが面白いところで他人の満足度を尋ねられると評価は一変。両グループとも中西部よりカリフォルニアの方が満足度が高いと評価。

 

シュケイドは学生が自分にさほど重要はないが、他人には重要だろうと考えた生活側面に焦点を絞りがちでビジネスチャンスや犯罪率についての評価はほとんど、差がなかったことを発見。

 

また、彼は「人は複雑なことを判断しようとするときに観察が容易なことだけに焦点を絞って、過大視する傾向がある」と言っている。

 

つまり自分で勝手に期待することをオーバーに重要だと考えちゃうこと。

 

それはその通りだと思います。脳はなるべく省エネで動いているので無意識にそうなるのはうなずけます。しかもこれってどんなことでも当てはまっちゃうんですよ。

 

そのうえ、重要なことではないことに焦点を絞ると研究者はいっています。

 

だから、そう考えると、他のことや他の人のことを考える時は重要なことからずれていると考えていた方が良いみたいです。

 

相手の立場になってなんて言いますが、中々、人間は相手の立場で考えられないのでじゃあ、どうしたらいいか。

 

簡単です。聞くことです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク