幸福

妬みの心理学!~妬みやすい人の特徴とは?妬む人、妬まれる人 、妬まれない人~

投稿日:


妬み、心理、妬みやすい人、特徴、妬む人、妬まれる人 、妬まれない人

 

妬みはあまりいいイメージはあまりませんが、妬みやすい人はある特徴があるのです。

 

もちろん、全く妬まないことに越したことはないのですが、人間は自分より優れている人を見ると、妬んでしまうことが多々あります。

 

今回はその妬みの度合いと、妬みがある感情に関係していることを紹介します。

 

その感情とは・・・?

 

スポンサーリンク
 

 

妬みの心理学!

ケンタッキー大学の認知心理学者、テリー・タナーたちは、妬みとシャーデンフロイデ(他人の不幸を喜ぶ感情)の関係性について調べた。(1)

 

まず、医大に進学する予定の学生のインタビュー動画を参加者たちに見てもらい、妬みを引き起こした。

 

実は、それは研究者たちが雇った俳優で、その人には優秀(妬ましい)か、平均(妬ましくない)な学生を演じてもらった。

 

インタビュー中に学業や課外活動について話している時は、実際が彼がそうしているシーンを付け加えておいた。

 

妬みバージョンでは、有機化学の宿題に勤しみ、最先端の生物学の研究室で顕微鏡をのぞき込み、ハーバード大学医学大学院に進学する助けとなるサマークラスに参加するために、ハーバード大のキャンパスを横切るシーンが映し出された。

 

また、彼が大学に通っている間は父が購入してくれた高級マンションに住んでいて、BMWに乗り、魅力的な彼女と食事を作る様子も付け加えておいた。

 

一方、平均バージョンで参加者たちに見せたのは、宿題に悪戦苦闘して、生物学の研究室では試験管を洗う様子だった。

 

また、可もなく不可もない学生寮に住み、満員電車やバスに乗り、平均的な容姿の女性の知人とピザを食べる姿も見せた。

 

それぞれのバージョンのインタビューが終わりに近づいてきたところで、しばらく動画を止めて、参加者たちに気分についての質問紙への記入を求めた。

 

その中にはいくつかの妬みを測定する質問も紛れ込ませていた。

 

続いて、インタビューを受けてから、学生がどうなったかについての動画が再生された。

 

ここでも、研究者たちはある不幸な後日談を差し込んでいた。

 

それは、彼が出入りしていた研究室からアンフェタミンを盗んだとかで逮捕され、医学大学院に進む計画を延期せざるを得なくなるというものだった。

 

そして、質問用紙に再び記入を求められたが、そこには喜びの反応に触れる項目(例えば「インタビュー後に学生に起きたことが嬉しかった」)が含まれていて、他の項目の中に紛れ込ませることで、何を尋ねようとしたかをカムフラージュした。

 

その結果、実験参加者たちは、平均的な学生よりも妬ましい学生の苦しみに、より多くのシャーデンフロイデを感じていた。

 

さらに、最初に動画を中断した後に報告された妬みは、その強さに関係なく、シャーデンフロイデの原因になっていた。

 

インタビューの前半部分を見て妬みを感じたと報告した参加者たちは、後の不幸を知って喜びやすかった。

 

またインタビューを見る前に、妬みのパーソナリティーが得点の高い参加者たち(妬みやすいタイプの人たち)の方が、不幸に喜びを見いだしやすかった。

 

妬みの脳科学!

日本の放射線医学研究所の研究者たちは、脳をスキャンする技術を用いて、妬ましい人が苦しむ場合において、妬みと喜びのつながりを調べた。(2)

 

研究者値は、シナリオに登場する人物が自分より優れているか劣っているかを想像した時の脳活動を測定した。

 

こうした妬みの状況の想像は、身体的な痛みの経験とも関連する領域、前帯状皮質(ACC)を活性化させた。

 

その後、参加者たちはシナリオに登場した人物が経済的なトラブルから身体の病気に至るまで、種々の不幸で苦しむ様子を思い描くように指示された。

 

このようなことを経ると、前帯状皮質とは別の領域、線条体の活動の活性化が見られた。

 

この領域は快楽中枢や報酬中枢と呼ばれている。

 

そして、最初の妬みを強く感じた人には、この活動パターンが顕著に見られた。

 

ちょっと一言

妬みやすい人は、人の不幸を喜びやすいということがわかりました。

 

ということは、人の不幸を喜こんでいる人は妬みやすい人かもしれませんので、あまり関わらないほうが良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-幸福

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク