幸福

どんな時でも自然に前向きになれる13の感情!

投稿日:


 

今回は自然に前向きになれる感情についてです。

 

前向きになるというと、「元気に明るく」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

 

逆に、無理に前向きになろうとして帰って悪化することもありますので、そういう風なことはやめた方が良いです。

 

だからといって、ずっと暗い気持ちでいると何事も良くなりません。

 

そこでそういう感情から脱して、自然に前向きになるような感情があるのでそれを紹介します。

スポンサーリンク
 

 

自然に前向きになれる感情!

カリフォルニア大学リバーサイド校のソニアリュボミアスキーたちの研究では、ポジティブな感情の状態として「喜び、愛、感謝、感嘆、高揚、畏敬、平静、興味を持つ、希望、誇り、楽しみ、閃き、謙虚」の13個を挙げた。(1)

 

そのうえで、ポジティブな感情は単に楽しいだけでなく、仕事、身体の健康、対人関係などの重要な領域で長期的な利益につながる可能性を示した。

 

さらに、ポジティブな感情は人々の思考行動のレパートリーを拡大し、心理的、知的、社会的資源を構築することを可能にすることを見つけた。 

 

また、前向きな感情、特に感謝の気持ちも、自己改善につながる前向きな行動を動機付ける上で役割を果たす可能性があることもわかった。

 

 

要するに、前向きになろうと思う時は無理に明るく振る舞わなくても、13個ののどれかの感情が出るような行動をとればいいのです。

 

そうすれば、脳科学的には、普段は脳のアクセルが活性化して、脳のブレーキが必要な時だけ使われる最適な状態になれるのです。

 

すると、落ち着きのあるもの静かな印象を与える人になることができます。

 

脳のアクセル活性が極めて大事なのは「セルフレスな状態」で、私心(エゴ)が小さくなり気持ちが穏やかに前向き、そして脳全体が活性化しているということなのです。

 

ちょっと一言

とりあえず、下手にポジティブになろうとせず、自分がやりやすい畏敬、平静、謙虚などの上記の13のどれかの感情を試すところから始めてみると良いかなと思います。

 

そうすれば、自然に前向きになれるので。

 

然に前向きになれるので。

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-幸福

執筆者: