幸福

幸福度を上げたければ、笑えばいいかも!?

投稿日:


笑顔

 

幸福度を上げたければ、笑えばいいという話はしたような気がしますが改めて、

 

幸せだから笑うのではなく

→笑うから幸せになる

 

怖いから逃げるのではなく

→逃げるから怖いと感じる

 

わかったようなわからないような感じですが、

これをアイブスの法則と言います。

 

スポンサーリンク
 

 

変わった研究

イギリスのハートフォードジャー大学の心理学者、リチャード・ワイズマンはイギリス全土から数千人の参加者を集め、幸福に関する実験を行った。

 

この人のすごいとこは幸福を高める様々な方法がある中で何が最も有効かしらべたこと。

 

幸福に限らず、人の感情は良いものも悪いものも、人に移りやすい性質があることがわかっているのでこの性質をを利用して、幸せだと感じている人たちが触媒になって、国全体が元気になるかを調査。

 

こういう考え方をする研究者ってあまりいないんですよね。だから僕はワイズマンが好きなんですよ。

 

実験する前に国全体の幸福度の測定のため、調査。(1が全く幸福ではない~7が非常に幸せ)というように点数で自分の幸福度を評価してもらった。

 

すると、参加者の45%が自分の幸福度を5~7と評価。そしてこの調査がメディアで紹介され、参加希望者はプロジェクトのウェブサイトで自分の幸福度を測ってみてほしいとと呼びかけた。その結果、2万6千人以上から反応があった。

 

その人たちをグループに分け、幸福度を高めるためのいくつかの種類を試してもらった。

一般的にみんなが思う幸せだった時の記憶を思い出したり、感謝の気持ちを持つようにするとか。

 

そして別のグループには毎日、数秒ずつ笑ってもらった。

 

1週間後、参加者たちにもう一度ウェブサイトに訪れてもらい、自分の幸福度を再度評価してもらった。幸福度を高めるという点では表情を明るくしたグループが最も高かった。

 

この実験後、研究者は改めて、全国的な幸福度調査を行った。以前と同じように1~7の段階で自分の幸福度を評価してもらった。

 

すると今回は52%の人たちが5~7と採点した。前回に比べて7%上がった。

 

イギリス人、全員から見た時に実験前より400万人以上、幸福度が高まった計算になるみたいです。

 

感想

ちなみに7%っていうのは統計的に若干有意かなというところです。

 

この実験の影響なのかは今後、継続的に研究しないとわからないところですね。

 

人間の気分に与える要因は無数にあるのでそれを排除して笑うだけで幸福度が高まるかという研究はできるわけがないですが、統計的に有意なものを1つずつ探していくつも試し続ければ、幸福度が上がっていく確率は当然高くなっていきます。

 

ですので一つの知識を1回使っただけで効果がないと思うのは拙速です。

 

試しに毎日歯を磨いた後、鏡の前で笑ってみては。

笑うのが難しかったら歯ブラシか何か棒状のものを横にくわえると、勝手に笑顔になります。

 

そして、できたら毎日幸福度を記録することをおススメします。評価はなん段階でもいいです。10段階でも5段階でも。

 

付け加え、記録していると自分がどんな時に幸福を感じているのかが見えてくるので幸福度を高められる行動をとりやすくなると思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-幸福

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク