幸福

誰かと一緒にいる時間が長いと逆にストレスが増し幸福感が下がってしまう!?

投稿日:


 

今回は誰かと長時間いると逆にストレスになってしまうよという話です。

 

人は、多くの似たようなことではなくて、多くの違うことをして毎日過ごしていると、生産性が高く、ストレスが少なく、より幸せであるように感じます。

 

逆に人付き合いの望ましいことでさえ、繰り返したり、長時間やったりすると、ストレスがたまったり、憂鬱になったりしかねません。

 

スポンサーリンク
 

 

1日3時間以上いるだけで!?

1日3時間以上誰かと一緒にいる人は、それほど長く他人と一緒に過ごさない人よりもストレスが高まり、幸福感が減少すると報告することを示すデータがあります。(1)

 

別の調査では、研究者たちは1日を通して参加者にメールを送り、何をしているか、どれほど幸せかを訊ねた。(2)

 

メールの60%以上で、誰かと一緒にいると答えた人は、ストレスが増し、幸福感が低下したと答えた。

 

そして、人と一緒にいるとどれほど楽しいと答えていようと関係なかった。

 

外向的な人でさえ、他人から距離を置く必要があった。

 

これは理に適っています。

 

いくら良いことでも、度が過ぎると効果が薄れます。(3)

 

時間を活用する活動の価値に気付くには、そうした活動のプランを注意深く立て、それから離れる時間を必要とします。

 

どの瞬間も、時間が与えてくれる幸福感を最大化することに費やしていたら、有意義なものや、生計を立てるものにさえならません。

 

ちょっと一言

もちろん、たまに会った人とは長時間いてもいいと思います。

 

例えば、1日中デートをしてもストレスにはならないはずです。

 

ただ、それが頻繁に会ったりしていると、ストレスになるという話です。

 

だから、家族でも1日中いると相手がうっとおしくなって「どっかに行ってきなさいよ」みたいな話になるのもよくあることです。

 

そう考えると、家族でも一人ひとりの部屋があっても良いかもしれません。

 

というか、この研究の観点からは絶対にあった方が良いはずです。

 

家が狭いのでしたら無理やりでもとにかく外に出ましょう。

 

おススメは図書館か自然のあるところが良いです。

 

どちらもストレスを激減させてくれるのでいいかと思います。

 

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-幸福

執筆者: