アイデア

アイデアを出しやすい空間は天井が高い方が良いのか、それとも低い方が良いのか?

投稿日:2019年10月24日 更新日:


 

仕事などでアイデアが必要だったりして、無我夢中でアイデアをひねり出さなければいけないこともあるかと思います。

 

でも、全然アイデアが出てこないなんていうこともよくあると思います。

 

ですが、過去に良いアイデアを思いついたことがあると思います。

 

みなさんはアイデアが思いつく場所ってどういう場所だか覚えていますか。

 

わりとスペースのある空間だったりしませんか。

 

今回は、そういうアイデアが出やすい空間についての研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

アイデアを出すに天井の高さが重要!!?

ミネソタ大学のジョアン・マイヤーズ・レヴィたちは、人の学生を対象に抽象的思考テストを行った。(1)

 

抽象思考とは、創造的な洞察につながる極めて重要なもの。

 

その際、参加者の半数には、天井の高さがフィート(約3メートル)の部屋でテストを受けてもらった。

 

残りの半数には、天井の高さが8フィート(約2.4メートル)。である以外は全く同じ条件の部屋でテストを受けてもらった。

 

そして、参加者が部屋の高さに気付くように、、ランタンをいくつか天井にぶら下げた。

 

また、高さに関する言葉には触れず、課題を各部屋に無作為に割り当てた。

 

その結果、高い天井でテストを受けた参加者は、わずかに低い天井でテストを受けた参加者よりもうまく無関係に思えるものの関連性を見つけた。

 

ちなみに、天井は高ければ高いほどいいです。

 

そう考えると、普通に外でアイデアを考えるのが一番ということになります。

 

ちょっと一言

アイデアを出すのが苦しかったり、煮詰まったりしたときは当てもなく外を散歩したりするのが良いです。

 

ちなみに、近くに自然(森や公園)があればなおいいです。

 

なんで、そんな何も考えないほうが返ってアイデアが出やすいのかと言いますと、集中してるエネルギーを使わない分、脳はいろいろ検索したりしているのです。

 

パソコンと同じようにメモリがあまっていれば、他のことがサクサク動くのと同じです。

 

ですので、限界だと思ったときには、あきらめてボーっとした方がアイデアが出やすいのです。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-アイデア

執筆者: