学習

人の名前を覚えるコツと覚えた方が得な理由!

投稿日:


人の名前、覚えるコツ、得

最近、初対面の人と会うことが多くなってきたのですが、人の名前を覚えるのに少し苦労している僕ですが、簡単に覚えられるテクニックを見つけましたのでそれを紹介しようと思います。

 

でも、そもそも人の名前なんて覚えなくったっていいじゃんと思っている方もいると思いますが、それは実にもったいないです。

 

なぜなら・・・

 

スポンサーリンク
 

 

相手の名前を呼べば!?

神経科学者のデニス・カモーディたちは、人間は他人の名前を呼ばれた時より自分の名前を呼ばれた時の方が、中前頭回と上側頭回(扁桃体や海馬がある脳回)が活性化することを突き止めた。(1)

 

ようするに、人は自分の名前を呼ばれるとうれしくなるのです。

 

だから、人の名前は覚えておいいたほうが好印象を持たれやすくなります。

 

2回目会った時にその人名前を呼べば、「覚えていてくれたんですね!」という会話になります。

 

名前を覚えるコツ!

1、名前を繰り返す

相手が自分の名前を言ったら、すぐに繰り返しましょう。

 

「こんにちは、鈴木さん」みたいに。

 

名前を繰り返し口に出すことによって、その音が記憶に残りやすくなりますし、名前を呼ばれた相手の脳内ではドーパミンが分泌されます。

 

2、頭の中で名前を綴る

記憶力の専門家、ゲイリー・スモールは、覚えたい名前があるなら、頭の中でそれを綴ることを推奨しています。(2)

 

また、頭の中で文字をつづった画像をイメージするのもありです。

 

3、他の人の名前と関連付ける

有名人でも知り合いの名前でもいいから関連付けると覚えやすくなります。

 

例えば、この間「北条さん」という方に会いましたが、僕は少し歴史が好きなので「北条早雲」を思い浮かべ、あの人の末柄だという風に勝手に同じカテゴリーに入れました。

 

好きなものとリンクさせたりカテゴリー分けすると覚えやすくなると思います。

 

4、他の言葉にリンクさせる

変わった名前や初めて聞く名前の場合は、その人に似ている言葉に関連付けましょう。

 

例えば、四十住(あいずみ)という名前なら、40カ所に住む家がある人だと勝手にイメージするのです。

 

非現実ですが、非現実なほど記憶しやすくなります

 

要するに、感情を伴えば伴うほど記憶は定着しやすいのです。

 

ちょっと一言

人は自分の名前を呼ばれるとうれしくなり、呼んだ相手に好印象を持つことがわかりました。

 

ですので、人の名前は覚えておくだけでも、人間関係が良好になるきっかけになるので、できるだけ覚えておきましょう。

 

で、もし忘れてしまったら、素直に聞けばいいだけですから。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-学習

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク