学習

記憶力を1.5倍アップさせる簡単な方法!それはリフレッシュの仕方!

投稿日:2019年6月8日 更新日:


 

「簡単に記憶力を高めたい」なんて誰もが思うことです。

 

僕自身もかなり横着な方なので、できるだけ簡単に覚えられたらなって思っています。

 

で、今回はかなり楽な方法を紹介します。

 

ですが、効果は絶大です。

 

なぜなら、リフレッシュすればいいだけなのですから。

 

では、どうリフレッシュすればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

ネズミでもリフレッシュするだけで記憶力が上がる!?

ブエノスアイレス大学の研究者たちは、ネズミを使って、物体を識別できるかどうかという実験を行った。(1)

 

まず、ネズミを箱の中に4分間入れた。

 

箱には、積木、ボール、スプーンという物体が2つだけ置かれていた。

 

ある程度時間が経ってから、再度ネズミを2分間箱の中に入れた。

 

その際、2つの物体のうち1つは違うものに変わっていた。

 

つまり、新しい物体の近くにどれくらいの時間長くいるかでネズミの記憶力を測定することができた。

 

最初に箱に入れてから30分後に試験を行うと、75%の時間を新しい物体に費やすことがわかった。

 

ところが、2日後に試験を行うと、それまであった物体と新しい物体のそばにいる時間は50%ずつになっていた。

 

つまり、ネズミは30分後は憶えられているけど、2日後までは憶えていられないということです。

 

そこで、研究者たちはネズミにリフレッシュをする時間を与えた。

 

箱を出た後(通常はすぐに巣に戻す)、一度も入ったことのない新しい場所で5分間過ごしてもらった。

 

その結果、2日後に試験を行ったところ、成績は70%も良くなっていた。

 

ここから何がわかるかと言いますと、リフレッシュすることにより短期記憶から長期記憶に入りやすくなったということです。

 

では、人間はどうなんでしょうか。

 

当然人間もリフレッシュを20分するだけで・・・!?

研究者たちは、1676人の小学生を対象に同様の実験を応用した。(2)

 

まずは、担任の先生にいつも通りの授業(国語や算数など)で教えるようにしてもらった。

 

その後、子供たちは普段授業をしない場所(実験室、視聴覚室、中庭など)に移動してもらった。

 

そこで初めて会う先生が理科や音楽を20分間教えた。

 

すると、先ほど習った国語や算数の記憶成績が1.5倍に高まった

 

ただし、リフレッシュ授業は通常授業の直前でも効果はあったが、間隔を4時間以上開けると効果はないことがわかった。

 

また、「今日はリフレッシュ授業があるよ」と伝えてしまうことでも、効果はなくなってしまうようです。

 

ようは、ランダムが良いっていうことです。

 

研究者は、「小学校の授業ですぐにも応用できるだろう」とコメント。

 

ただ、大人たちがどれだけ科学を積極的に取り入れるかは、疑問に思うところです。

 

ちょっと一言

まぁ、学校の授業で採用するかどうかはともかくとして、自分でこの効果を得たいなら、ランダムにアラームをセットするとか、邪魔が入ったら休憩とかっていうルールを作っておくのも1つのやり方だと思います。

 

ですが、上限は1時間とって決めておくのが良いです。

 

2時間も3時間も集中できないので。

 

まずは、自分でルールを作って試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-学習

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク