学習

科学を勉強する時は文章を読むよりイラストなど学んだ方が成績が上がりやすいみたい!

投稿日:


 

今回は科学を図などで学んだ方が成績が良くなるという話です。

 

科学を学ぶのは、難しいと思うかもしれません。

 

ですが、図を描くことは誰でも科学を学ぶのに役立つらしいです。

 

スポンサーリンク
 

 

勉強は文字よりも図で説明すると!?

スタンフォード大学のバーバラ・トベルスキーは、科学を学ぶ学生たちに科学的現象について図を描いて説明してもらったところ、教室で行う一般的な授業のように言語による説明をさせた時より、理解も学習も深まることがわかった。(1)(2)

 

その方法は次の通り。

 

まず中学生にSTEMの中でもかなり難しい化学結合などを教えた。

 

ちなみに、STEM教育とは、”Science, Technology, Engineering and Mathematics” すなわち科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する語。

 

それはごく普通に一般的に教室で教えているように、教科書を使ったりディスカッションをしたり視覚的な資料もたくさん使った。

 

学習したとすぐに、分子構造と化学結合のプロセスの両方についての知識と理解についてのテストを行った。

 

次に生徒たちを半分に分け、機械システム(自転車ポンプ)と化学システム(結合)の視覚的または口頭での説明を作成することからの学習を比較した。

 

両方の種類の説明を内容と学習評価のために事後テストによって分析した。

 

機械システムの場合、視覚的な説明を作成することで、特に空間能力の低い生徒の理解が深まった。

 

化学システムの場合、視覚的説明と口頭説明の両方で、再度授業をしなくても学習が改善された。

 

視覚的な説明をすることは優れており、空間能力の高い生徒にも低い生徒にもメリットをもたらした。

 

視覚的な説明のより大きな効果は、それらが完全性と一貫性が確認できることと、推論のためのプラットフォームとしてのそれらの役割に起因したと可能性があった。

 

さらに、2回目のテストを行ったところ、どちらのグループもテスト間に授業や学習をしなくても、そのテストで成績が向上していた。

 

また視覚的な説明をした生徒の方が、言葉で説明した生徒よりも、向上の度合いがはるかに大きかった。

 

ちょっと一言

要するに、周囲の状況をマッピングするプロセスは、言葉で説明するよりはるかに直接なので、理解や学習が深まるのです。

 

また、パーツが揃っているか、一貫しているかどうか、矛盾がないかどうかも図を書くことで確かめられます。

 

さらに推論もしやすくなるみたいです。

 

まぁ、科学だけではなく、色んな学問にも応用して使えると個人的に思うので、少しずつ実践してみようと思います。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-学習

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク