学習

簡単に成績を上げたいなら勉強中にスマホを視覚から消せばいいという研究!

投稿日:2017年10月24日 更新日:


効率の良い勉強方法、スマホ、SNS、成績、上がる

 

多くの中学生から大学生は、多分効率のいい勉強方法ができたら、どんなに楽かと思い、躍起になってスマホでいろんな情報を調べまくっていると思います。

 

ところが、そのスマホ自体が効率の良い勉強方法から遠ざけてしまっているのです。

 

どういことかと言いますと、まず勉強中にスマホを近くに置いてあるだけで集中ができません。つまり注意力が分散している状態なのです。

 

常に連絡を待っていたり、SNSの評価が気になってたりと。

 

これでは、いくらどんないい勉強法を知ったところで水の泡です。

 

こういうこと(いくつものことを同時にやること)をマルチタスクと言いますが、現代の科学では完全に否定されています。

 

しかしほとんどの人は、周りより能力があると思いがちで、マルチタスクをやってしまうんです。

 

スポンサーリンク
 

 

マルチタスクは愚の骨頂!?

MITの神経科学者、アール・ミラーは「人はマルチタスクが得意ではない。できると思うのは思い違いだ。脳は自分を欺くのがとてもうまい。マルチタスクをしていると思っていても、実はあるタスクから別のタスクに切り替えているだけ。そして、切り替えるたびに認知コストがかかる」

 

ようは自分では、素早く仕事を終わらせているつもりでも、実際は、脳に負荷をかけているに過ぎないということです。

 

テキサスウーマンズ大学のデレク・クルーズとモリー・ラスが2014年に発表したレビュー論文では、タスクスイッチが効率に及ぼす影響を調べた。

 

結果、生産性、批判的思考、集中力に害を及ぼすだけではなく、ミスが起こりやすくなることがわかった。

 

さらに後になって想起する能力ににも影響がある可能性があり、ストレスを高め、ワークライフバランスの調節能力を下げ、社会性に悪影響を及ぼすこともある。

 

なるべくやることは減らした方が良いということですね。

例えば、朝やることリスト3つ書いて、その3つが終わらない限り、他のことはやらないようにすれば、かなり高い集中力で作業ができ、短時間で終わらせることができます。

 

ポイントは、必ず具体的にしてください。

例えば、数学の問題を解くではなく、センターレベルの微分を1問解くとかにしてください。

 

じゃないと、やる気になれませんので。

 

スマホが成績を下げる!?

2012年、ロックヘブン大学で学問発展を研究するレイノル・ジュンコとアラバマ大学の社会学者、シェリア・コットンは、学習と記憶の能力に対するタスクスイッチの影響を詳しく調べ、『No A 4 U(あなたにはAをあげない)』という論文にまとめた。

 

1834名の学生を対象にテクノロジーの使用について尋ねると、かなり多くの学生が情報やテクノロジーの使用に、毎日かなりの時間を費やしていることがわかった。

 

具体的には、「回答者の51%がショートメッセージを、33%がフェイスブックを、21%がメールを、学習、あるいは非常に頻繁に使用していた」。

 

これを学習中にマルチタスクを試みた時間で表した。

 

サンプルである学生たちは、教室外での学習中、フェイスブックに1日平均60分、インターネットの閲覧に43分、メールのやりとりに22分かけていると報告した。

 

つまり、学習中にマルチタスクを試みた時間は、1日2時間。

 

この研究により、そういうマルチタスク、特にフェイスブック、インスタントメッセージの使用と学業成績は著しく、逆の相関関係にあることもわかった。

 

ジュンコとコットンが出した結論は、脳に負荷がかかりすぎるため、掘り下げた長時間の学習はおそらく無理だというものだった。

 

つまり、フェイスブック、インスタ、ツイッターなどは勉強している際は、百害あって一利なしということなんですね。

 

ちょっと一言

マルチタスクは、集中力、注意力、深い思考などを奪い、さらにミスが起こりやすく、ストレスを高めたりするということでした。

 

また、マルチタスクは成績まで下げるということもわかりました。

 

まぁ、勉強以外でも、マルチタスクはろくなことにならないのでシングルタスクにしておけば、集中してできるの時間もそんなにかからないでできます。

 

要するにフロー状態に入ればいいのです。

 

ちなみに、マルチタスクはもちろんですが、近くにスマホを置いているだけでも集中力を奪われます。

 

なぜなら、そこにも注意を持っていかれるからです。

返信が気になったりとかるすので。

 

ですので、スマホは何か集中している時は、見えない場所に置くか、スマホを置いて、出かけるのが一番です。

 

それだけで、勉強に集中できるので、当然成績は上がります。

 

一応言っておきますが、スマホ以外にも心配事など、気になっているものはなるべく、紙に書いて自分の頭から消してください。

 

そうすれば、かなり高い集中力を発揮することができます。

 

時間は朝が鉄則です。夕方とかは脳が疲れているので、思いっきり遊んでください。

集中するためには必ず休憩が必要なので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク