学習

気付きを得るために曖昧な表現を使う文学を読もう!

投稿日:2017年9月20日 更新日:


気付き、得る、曖昧な表現、文学

 

文学も読まないなと思いつつ、全く読めていない僕ですが、心理と文学との関係についての面白い研究がありました。

 

文学に興味がない人もこれで読むきっかけになるかもしれません。

 

僕もどちらかと言えば、文学って人生の何の役の立つの?っていう考え方だったんですが、(純)文学には共感力を高める作用があったりといいことがあるんです。

 

今回は、文字を見た時に、理解はどう視覚にどう影響しているかということです。

 

スポンサーリンク
 

 

気付きを得るための曖昧な表現、カフカエクス

『変身』『審判』『城』の作者であるチェコのフランツ・カフカは、「ばかげていて、手を混乱させ、往々にして威嚇的ですらある複雑さに特徴づけられる」というカフカエスクという言葉が世の中にはあるそうで。

 

アルベール・カミュによれば、カフカの作品の基本的な曖昧さは「自然と以上、個別と普遍、悲劇と日常、不条理と論理の間を絶えず揺れ動くこと」から発生していると。

 

曖昧さが多くのパターンを正確に認識させる!

カリフォルニア大学サンタバーバラ校のトラビス・プルー博士とブリティッシュコロンビア大学のスティーブン・ハイン博士は、この曖昧さを利用して、それに対処することで人々が世界を違ったように知覚するようになるかどうか調べた。

 

まず、学生のグループにカフカの短編『田舎医者』を読んでもらい、その後XMXRTVTMやVTTTVMのような6文字から9文字の長さの文字列を複数見せる。

 

それから、学生はさらに60この文字列を見せられ、先ほどの一連の文字列と同じパターンを有する文字列を見つけ出すように指示が与えられた。

 

文字列に共通するパターンはかなり複雑で、ある文字の前後にはどの文字が出現しやすいか、という形をとっている。

 

同じ課題は2番目の学生のグループにも与えられた。

 

このグループは年齢や能力は同等だが、事前に読んだのはカフカではなく、プルーとハインが書いた同じ長さの物語であり、ここには曖昧さは含まていない。

 

結果は、曖昧さの少ない散文を読んだグループに比べ、カフカを読んだグループの方が、同一パターンを有する文字列をなんと約30%も多く発見し、選択の正確性も2倍だった。

 

この研究結果から、全体的な結論が2つ導かれる

研究者たちは、「まず、期待されるつながりがナンセンスな物語の中で崩壊していたことで、新しい環境の中で、つながりを見抜こうというモチベーションが参加者に起こったと推察される。次に、意味の危機にさらされた参加者の方が、テスト用の文字列の中から真にパターンが一貫した文字列を特定する際に、はるかに正確だった。このことから示唆するのは、意味の危機が存在することにより、新たな環境で統計的な規則性を潜在的に学習するための認知メカニズムが強化されるということだ」と説明。

 

ざっくり言えば、今までの個人の先入観を元にして、訳の分からない言葉をパターン化したりして解釈して、新しい情報を理解するってこと。

 

さらに研究によれば、自分自身の死すべき運命について考えてもらうと、信心深くなり、愛国的になり、よそ者に対しては不寛容になる。

 

侮辱を受けた場合は友人に対して誠実さをしめすようになり、クイズの出来が悪いと知らされれば、勝ってるチームと自分を強く同一視するようになる。

 

このことから2通り以上に解釈できる情報を理解しようとする際に、備わったルールが用いられることが示唆される。

 

システムRは、厳格なルールに従うが、これは慣例化された論理と似ている。

そして、システムⅠは、先天的であれ、後天的であれ、連想を用いる。またスピードは速いものの、正確さには欠ける。

 

この研究分野を開拓してきたアムステルダム大学のアップ・ディジクスタフイスとローラン・ノルドグレンは、「意識的な思考とは注意ある思考だ。無意識的な思考とは注意なき思考である。もしくは他の場所に注意が向けられた思考。しかし、意識的思考が意識的プロセスからの成り立っているわけではない。それは発話に喩えられる。それは意識的なものだが、話すために(語選択や文法を担うような)様々な無意識的プロセスが働いていなければならない。同じように意識的な思考は同時に無意識的なプロセスも活動中でなければ起こりえないことだ」と語った。

 

意識的に話しても、言葉や文法をすべてを意識的に使っているわけではないということです。

 

ちょっと一言

カフカエクスのように曖昧な表現の文学を読むと、パターン化された文字列を正確に発見しやすかったということでした。

 

これは実験なので文字列を使っただけなので文字列自体に意味はありません。

 

ですが、普段の生活の中でパターン化されているものいくらでもあります。

 

それに気付ければ、新しい発見、例えばビジネスチャンスなどにもつながるかもしれません。

 

そう考えれば、文学を読んでいても決して無駄になることはありません。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク