学習

人間とサルは映像を見ている時にどのくらい同じ場所を見ているのか?

投稿日:2019年12月24日 更新日:


 

今回は人間とサルの見る場所の共通点です。

 

サルを見ていますと、適当なところばかり見ている気がしますが、実は人間と同じようなところを見ているのです。

 

それはどこだと思いますか。

 

スポンサーリンク
 

 

人間もサルも見る場所は同じ!?

スタンフォード大学のスティーブン・シェパードたちは、人間とサルに、哺乳類の生活を特集したBBCのドキュメンタリー番組と、チャップリンの映画「街の灯」、そして「ジャングル・ブック」からの抜粋を音を消して見せながら、視線の動きを記録した。(1)

 

ただ、眼球の動きと脳の活動パターンは同じではないが、視聴者がそのときどきにどこに関心を向けているのかを知る指標にはなった。

 

その結果、人間とサルで目の動くが重なったのは、全体の31%だった。

 

つまり、3分の1の割合で画面の同じ部分を見つめていた。

 

ちなみに、実験では、鮮やかな色など視覚を引きつけるものが、視線が重なる原因にならないように配慮した。

 

データによれば、眼球運動が最も強く同期するのは、人間や動物が登場する場面だった。

 

その多くは顔や目をはっきり映し出していて、人間もサルもそれを注視していた。

 

その理由として、扁桃体は顔、特に目に反応することがわかっています。(2)

 

顔や目というのはひときわ目立つ刺激で、特に感情的な表情を浮かべた顔は、見ている人の顔を高ぶらせます。

 

ちょっと一言

人間もサルも、顔、特に目に惹きつけられるのですね。

 

僕も外に出かけて、人を見るとお互い一瞬目を合わせたりすることがb多いなという気がします。

 

特に、かわいい子なんかと目が合うとドキッとしますし、そのまま見つめ合っていたいな~思ったり(笑)

 

よく考えたら、反対に怖そうな人には目を合わせようとはしませんね。

 

それって、多分無意識に表情を読み取っているのかなという気がします。

 

そりゃそうかもしれません。

 

「何見てんだよ」と言われて、殴られたらたまったものじゃありませんからね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-学習

執筆者: