学習

言語学習は夢を見るレム睡眠が多いほど上達しやすいかもという研究!

投稿日:


 

睡眠と学習は切っても切り離せません。

 

なぜなら、睡眠は記憶の定着に必要不可欠だからです。

 

ですが、たまにテレビで高学歴の人は1日3時間しかとらないという人も紹介されたり。

 

ごくまれに、ショートスリーパーという人たちは存在します。

 

ですが、普通の人がそんなことを真似してもできません。

 

というか、睡眠をある程度長くとった人の方が学習の定着率は良いみたいですよ。

 

スポンサーリンク
 

 

言語学習と睡眠の関係!

オタワ大学の心理学者ジョセフ・デ・コーニンたちは、6週間のフランス語イマージョンコースを受講している英語の受講生10人を集めが、コース前、コース中、コース後の4晩連続で睡眠実験室で記録した。(1)

 

学生たちはバイリンガルの大学に通っていたが、フランス語は高校生程度のレベルだったが、夏休みに語学力アップを目指していた。

 

言語学習効率と前コースからコース期間までの急速な眼球運動(REM)睡眠のパーセンテージの増加との間には、正で有意な相関があった。

 

この観察は、学習パフォーマンスが情報処理とレム睡眠の間の関係において重要な要素であるかもしれないことを示唆します。

 

それから、以前の研究のフォローアップとして、6週間のフランス語イマージョンプログラムを受講した4人の被験者は、コースの2週間前から2週間後まで夢の日記をつけてもらった。(2)

 

彼らにまた、実験室で4日連続で泊まってもらった。

1回はコース前、2回はコース中、1回はコース後。

 

以前の観察結果を確認すると、フランス語の学習に大きな進歩を遂げ、フランス語の夢を早く経験し、言語訓練中にほとんど進歩しなかった学生よりも夢の中でフランス語によるコミュニケーションがあった学生の方がフランス語を自分のものにしていた。

 

これらの結果を以前の研究の結果と組み合わせると、言語学習効率とREM睡眠率の増加の両方との有意な正の相関、および夢での言語的コミュニケーションと、夢での最初のフランス語の習得までの待ち時間との負の相関が明らかになった。

 

つまり、これらの結果は、レムの睡眠と夢は認知プロセスの覚醒に関連しているという考えを裏付けとなった。

 

ちょっと一言

夢を見るのが長いほど、早く上達したということです。

 

もちろん、それ以前に勉強しておくことは大事なことです。

 

ただ、勉強したらちゃんと寝ようねっていうのがこの研究で言っていることです。

 

夢の中で自分が勉強している語学が出てきたらある程度自分のものになったと考えていいと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-学習

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク