学習

理解力を高める方法とは?~子供でも大人でも読書でも何でもゲーム感覚でやればいい!~

投稿日:2018年6月10日 更新日:


理解力、高める、方法、子供、大人、読書、ゲーム

 

例えば、アイデアを生み出してもらうために、被験者にグループ内で考えてもらい、個々の被験者に自分の貢献度を尋ねると、あいまいさを逆手に取り、自分の貢献度を高く見積もります。(1)

 

そして、全員の貢献度をたすと、確実の100%を超えるのです。

 

他にも、既婚夫婦に、それぞれがどれくらい家事を担っているかと尋ねたところ、自己評価の平均は50%を越えていたという研究もあります。(2)

 

そして、相手に対して、貢献度を低く見積もっている場合はなおさらです。

 

つまり、個人の貢献度を見極めることは難しいのです。

 

それと同じように、自分の知識と他者の知識を明確に区別することも人間はできないようです。

 

コミュニティに知識があるだけで、自分も知っているような気になります。

 

下の記事をまず、読んでみてください。

 

スポンサーリンク
 

 

理解力を高める前に理解度を高める!

2014年、5月19日、学術誌『地質学』で、新たな岩石の発見が報告された。科学者はこの岩石を完全に解明した。新たな岩石は方解石に似ているが、光源のないところまで発光する。論文の執筆者、リテノア、クラーク、シュウはそのメカニズムを完全に理解しており、その鉱物の美しさと今後の実験計画を発表した。

 

あまり理解できなかったのではないでしょうか。

 

もちろん、これは本物の研究者がでっち上げたものです。

 

ですが、「科学者名(リテノア、クラーク、シュウが、完全にこの岩石を解明した」と書かれていなかったら、あなたの感じる理解度は違っていたでしょうか。

 

反対に、「解明できていなかった」と書かれていたら、あなたの理解度は低下したでしょうか。

 

多くの人はそんなことはないと思ったはずです。

(僕もそう思いました)

 

ですが、本当のところはどうなのでしょうかね。

 

ブラウン大学が行った実験では、一部の被験者グループに上の記事を、別のグループには内容は似通っているが、科学者は岩石の発行するメカニズムを解明できないという記事を読んでもらった。(3)

 

そして、それぞれのグループに、光る岩石に対する自分の理解度を評価してもらった。

 

すると、科学者が理解できていないという記事を読んだ被験者は、自分の理解度も低く申告した。

 

ところが、科学者がそのことについて理解しているという記事を読んだ被験者は、自分自身の理解度の評価も高まった。

 

ちなみに、被験者に質問しているのは被験者自身の理解度であることを明確に伝えておいた。

 

ようは、他人が知っていること、知らないことが自分の理解レベルに影響してしまうのですね。

 

人間が知識へアクセスする能力はその瞬間、頭に貼っている知識で決まるのではなく、、必要な時に取り出せる知識によって決まるのです。

 

わからないことがあれば、ネットで調べたり、誰かに聞けばいいヒントがもらえるということをを知っておけばいいということです。

 

ですが、アクセスができないと思ったら、理解度の評価はどうなると思いますか。

 

アクセスができないと思うと・・・

2014年5月、DARPSA(アメリカ軍の研究機関である国防総省国防高等研究事業局)は新たな岩石に関する研究を機密事項に分類した。DARPSAの科学者はこの岩石を完全に解明した。新たな岩石は方解石に似ているが、光源のないところまで発光する。論文の執筆者はそのメカニズムを完全に理解しており、その鉱物の美しさと今後の実験計画を説明した。将来に実験も機密であり、DARPSA関係者以外は新たな岩石に関する情報を入手することはできない。

 

このケースでは、誰かが岩石について理解はしていますが、機密事項のためにその情報にアクセスできないとされています。

 

つまり、知識は誰かの頭の中にありますが、あなたはその知識はコミュニティの中に入れない状態です。

 

その結果、被験者は自らの理解度をきわめて低く評価した。

 

他の人が理解しているという事実を知っても、被験者が感じる理解度は高まらなかった。

 

知識は自分が持っているか、他人が理解しているかより、知識にアクセスすることが大事なようですね。

 

ちょっと一言

理解度を高めるには、何かを理解している人がいることを知り、その知識はアクセス可能であることでした。

 

ですので、理解力を高めたいなら、ネットを使ったり、その分野に得意な人に話を聞けば、わかったような気になれます。

 

あえて、わかったような気になれると書いたのは、それが事実だからです。

 

例えば、ニュースをわかりやすく説明してくれる池上彰さんというジャーナリストがいます。

 

わかりやすく解説してくれるのでわかったような気になります。

 

ですが、わかったような気になることは、わからないままにしておくよりよっぽどいいです。

 

理解力を高めるには、インプットした知識を自分の言葉に変換してわかりやすく人に話すことです。

 

そうすることにより、周りからも感謝されますし、能力が高く見られます。

 

そして、その知識は相手が欲しがっている時に説明してください。

 

じゃないと、嫌がられるので。

 

最初はうまくいかないかもしれませんがで、やっていくうちに慣れていきます。

 

ゲーム感覚で、今日は人にいくつ説明したかを数えると、楽しくなって色々インプットもエスカレートして好循環していきます。

 

試しにやってみてください。

 

失敗しても、ただのゲームですので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク