恋愛、カップル

恋愛で後悔しないために男女のすることの違い!~やって後悔する恋愛とやらずに後悔の恋愛~

投稿日:2018年8月1日 更新日:


恋愛、後悔しない、男、女やって後悔、やらずに後悔

 

「あー、あの時、こうすれすればよかったな」、「こうしなければよかったな」などと、誰でも過去を思い返し考えたりたことがあるはずです。

 

ちなみに、これを反実仮想といい、自分がしなかった選択について思いを巡らせ、もし別の選択をとっていたらどうなっていただろうと考えることです。

 

具体的には、「もっと勉強していれば」とかです。

 

特に、恋愛なんて後悔の連続ではありませんか。(1)

 

今回は、恋愛の後悔についての男女さについての研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

恋愛で後悔する男女差とは?

ブリティッシュ・コロンビアにあるサイモン・フレイザー大学の反実仮想に関する世界最高権威のニール・ローズらは、恋愛の領域においての反実仮想について調査をした。(2)

 

研究者たちは、いくつかの研究を通じて、被験者に過去の恋愛関係、学業成績、友人との関係、両親との関係のいずれかについて考えてもらった。

 

そして、そうした関係について考える過程で次の質問をした。

 

「ああしていればよかったのにと思うことはありますか」

 

その結果、両親との関係や学業については男女とも、したこと(実際にしたが、しなければよかったと思っていること)より、何もしなかったこと(すべきだったのにしなかったこと)の方が2倍も多かった。

 

しかし、恋愛関係については、男女で大きな違いが見られた。

 

女性は男性に比べて、したこと(例えば母親の警告を無視して、ろくでもない男と関係を持ったなど)について後悔する傾向があったのに対し、男性の後悔の大半は行動を起こさなかったこと(好きな女性にもっと親密な関係を持たなかったことなど)に向けられていた。

 

進化論の観点で見れば、これは理にかなっているそうです。

 

男性は乱交傾向が若干強く、女性は選択に慎重になる傾向があります。

 

女性は間違った恋愛をするとそれを忘れません。

 

それは、将来同様の過ちを犯しにくくなるからだそうです。

 

ちょっと一言

恋愛関係の後悔について、男性はしなかったことに後悔し、女性はしたことに後悔する傾向があるということでした。

 

男性のみなさん、女性のみなさん、どうでしょうか。

 

僕自身は相当、当たっている気がします。

 

男性って意外と傷つくのが怖いせいなのかで、なかなか行動を起こせないのかもしれません。

 

まぁ、それに人を好きになっている時は、脳がえらい状態になっているのでまとも行動がとれないこともあると思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-恋愛、カップル

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク