恋愛、カップル

お金の価値観や使い方は男女で異なる!?

投稿日:2018年4月4日 更新日:


お金、価値観、使い方、男女

 

みなさんは普段、お金をどんな風に使っているでしょうか。

 

「毎日1000円以内にしている」「使う時は使う」「つい無駄遣いしちゃう」など、お金の使い方は様々です。

 

ですが、男女によってお金の価値観や使い方が違うようなのです。

 

無駄遣いをする時でも、そのプロセスが大きく異なります。

 

スポンサーリンク
 

 

お金の価値観は男女で異なる!?

テキサス大学の実験では、学生に被験者になってもらい、誰かが人目を引く消費にふけっている場面を目的した時のことを思い出してもらった。(1)

 

すると、多くの学生は男性を思い浮かべていた。

 

例えば、派手な車をかったり、レストランで大人数におごったり、という場面。

 

でも、それって男性の方が所得が多いからなんじゃないの?と思われた方もいると思います。

 

その後、同じような研究で、被験者に知り合いの中で買い物が最も好きな人は誰かと尋ねたところ、多くの人は、女性だと答えた。

 

つまり、女性はお金を使うのが好きなだけで、一方の男性は目立った使い方をするように人々は考えているようですね。

 

男性の場合、人目を引く自己顕示欲があるそうです。

 

男性のお金の価値観と使い方!

別の実験では、被験者に5000ドルという予期せぬ大金が入った時のことを想像してもらい、そのうちいくらを新しい腕時計、携帯電話、ヨーロッパ旅行など、大金を手に入れたことを他人に伝わりそうな消費に充てるかを尋ねた。

 

また一部の被験者には、お金の使い道を聞く前に、とても魅力的だと思っている理想の初デートを想像するように求め、気持ちを交配に向けさせるようにして、他の被験者には建物の写真を見せた。

 

初デートを想像することで生じたロマンチックな動機は、男女にそれぞれ異なる動機を与えた。

 

男性の場合は、手に入れた大金を顕示的なものに使った(日用品などの支出は増えなかった)。

 

ところが女性は、その動機の影響を受けなかった。

 

やはり、女性は現実的ですね。

 

男性みたいにアホみたいに使わなようで。

 

ですが、女性も使いたいと思えるような場面というのはあるのでしょうかね。

 

女性のお金の価値観と使い方!

アリゾナ州立大学のボブ・チャルディーニとジェフリー・ミラーたちの研究では、ホームレスのためにシェルターで働いたり、恵まれない子供たちに読み書きを教えたりという、地元の慈善団体を手伝うボランティアについて被験者に尋ねた。(2)

 

男性の気持ちには影響を及ぼさなかったが、女性が持つ他人を助けたいという気持ちは助長させることがわかった。

 

ちなみに男性が利他的な行動を全くとらないかといえば、そんなことはありません。

 

男性が利他的な行動をする時は、自分がヒーローに見られるときに限られるようです。

 

ですので、男性に恋愛感情があれば、人助けをするのです。

 

女性からしたら損得勘定で動いていると思いますが、僕もそう思います。

 

ただ、それが男性なのです。

 

だからといって、全員が全員、見られていないからといって助けないわけでもないと思いますし、女性が全員、何らかの慈善団体の手伝いをすることもありません。

 

あくまで科学なので、そういう傾向があるという風に考えてください。

 

ちょっと一言

お金は、男性の場合は自己顕示欲のために使い、また人々からそう思われ、女性は そういうものはなく、他人のために使ったり、人々からはただ消費するのが好きだと思われていました。

 

男女でお金の使い方が違うのですね。

 

つい無駄遣いしちゃったなと思った時は、この話を思い出せば、意識するので無駄遣いが減るかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-恋愛、カップル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク






スポンサーリンク