恋愛、カップル

性的魅力の意味は男女で違う!?~カップルが喧嘩しないためにも~

投稿日:2018年2月17日 更新日:


性的魅力、意味、男女、カップル、喧嘩しない

 

性的欲望は男女ともにあります。

 

ところが、男女でそのメカニズムが違っていまして、それを理解できていないとお互いの意思疎通がうまくいかなくなるなんてこともありえます。

 

そういう意味でも性について知っていれば、無駄な言い争いがなくなるかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

性的魅力は男女で違う?

カナダのクイーンズ大学の教授で、神経心理学の女性の性的欲望の分野の第一人者であるメレディス・シバーズは、女性の性的興奮が何かを見極めるために写真を使った実験を行った。(1)

 

まず被験者である女性たちにエロ写真を見せた。

 

写真を見た女性たちの性的興奮は2通りの方法で測定した。

 

一つ目は、意識的、心理的な興奮を測定するために研究者が直接女性から感想を聞き出す方法を用いた。

 

もう一つは身体的興奮を測るためにプレチスモグラフを使って、女性の膣内の血流の変化を測定した。

 

写真に写っていたのは、運動をしている男性たち、、運動をしている女性たち、芸のセックスシーン、レズビアンのセックスシーン、男女のセックスシーン、そしてサル(ボノボ)の交尾シーン。

 

結果、女性たちを身体的に興奮させた写真は全部だった。

 

もちろん、サルの交尾シーンでも。

 

つまり、どの写真でも、膣内の血流量が増加した。

 

一方で、心理的に興奮させた写真は、一番は男女のセックスシーンで、次いで二番目がレズビアンのセックスシーンだった。

 

そして、運動をしている姿は大した興奮度ではなく、サルの交尾シーンは誰も興奮したとは言わなかった。

 

ようは、脳で感じる興奮と身体的に感じる興奮は一致しないということです。

 

一方で、男性の場合は同じ実験をした場合、二つの興奮が一致した。

 

ちなみにサルの交尾シーンは誰も興奮しなかったということです。

 

性的魅力の勘違い?

身体的な性的興奮と心理的な性的興奮を同時に実験したものの中で、1969年から2007年までの研究論文では、男性が性的興奮を覚えている時は心身が連動し、女性は連動していないという結果が出ていた。(2)

 

中には、女性の連動性がかなり低いので、女性の愛液の分泌は女性の本当の気持ちの判断材料になりにはなりにくいという研究者もいる。(3)

 

実際に多くの女性がセックスを嫌がっても、愛液を分泌し、オーガズムを感じるという。

 

へーっていう感じですね。

 

オーガズムを感じているから愛されているんだと思ったら、間違いだってこともあるということですね。

 

別れなんか切り出されたら、男性は「何で」と思うでしょう。

 

つまり、女性は考えていること、身体で感じていることは別だと認識した方が良いでしょうね。

 

ちょっと一言

性的興奮を感じる場合、女性は脳と身体が連動性が低く、男性は一致していたことがわかりました。

 

僕自身、初めて知りましたが、普通に連動すら考えていませんでした。(笑)

 

でも、女性は全く別なんですね。

 

まぁ、女性の気持ちをまず聞いてあげてからした方が良いですね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-恋愛、カップル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク