自分をコントロールするために

科学的根拠に基づいた心理学などを紹介するサイトです。その知識を使って、多くの人に自分の人生を豊かにしてほしいというのがコンセプトです。内容は主に、体やメンタルの健康など、それ以外にも多岐にわたり、使えそうな知識を紹介しているサイトです。

恋愛、カップル

セックスレスの原因を理解して改善すれば、夫婦(男女)関係も良くなるかも!

投稿日:2018年5月7日 更新日:


セックスレス、原因、理解、改善、夫婦、男女、関係

 

セックスレスについての問題に対して、正直僕は知りません。

 

ただ、統計的に年齢が上がるにつれ、そういう傾向があるのだなと認識しているだけです。

 

では、それを改善するために心理学的にどうすればいいのかということを書いていこうと思います。

 

まずは、原因から見ていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

セックスレスの原因!

2010年に「性・ジェンダー・生殖研究のためのキンゼイ研究所」が行った調査ではアメリカの40歳~49歳の既婚男性のうち、60%が、「1年から1カ月の間に、数回しかセックスをしない」回答。(1)

 

この年代の既婚男性のうち、「週に2,3回セックスをする」と答えたのはわずか20%だった。

 

一方、25歳から39歳までの(おそらく上の年代の男性より結婚期間が短い)既婚男性では、37%が「週に2,3回セックスをする」と回答。

 

そして、女性も同じような傾向を示していた。

 

セックスに対する意欲と頻度に影響するのは、子供、仕事、支払いの請求です。

 

既婚男性は未婚男性に比べ、テストステロン(男性ホルモン)が有意に少ないのです。

 

また、既婚男性はエストロゲンが多く、ストレスホルモンが少ないです。

 

つまり、安定した状況に身を落ち着けているからです。

 

ですので、相手への興味が減退していくのです。

 

さらに最悪なのは、セックスそのものを求めなくなってしまうことです。

 

セックスレスを改善するには?

ここからは僕の意見です。

 

セックスレスを改善するような科学的根拠のある研究を見たことがないので。

 

ただ、セックスレスは相手への興味がなくなっていれば、お互い別々の時間を過ごしてみるといいと思います。

 

人間は貴重な物に価値を感じ、いつでも手に入るもには見向きもしなくなります。

 

ですので、それぞれの友達と何日か旅行に行ったりして、わざと会わない時間を作るのです。

 

それを習慣化していけば、相手への興味もなくなることが防げると思います。

 

ですので、いつでもべったりくっついていない方が良いです。

 

また、セックスに意欲をわかせるテストステロンは筋トレで改善できます。(2,3,4)

 

その他にも、食事、睡眠、ストレスに気を付ければ、テストステロンは上昇します。

 

ちょっと一言

年齢が上がるとセックスレスになることがわかりました。

 

人間はいつも同じ環境や状況に飽きるので、夫婦やカップルでも、いつも違うところに行ってみては。

 

そうすれば、また相手が違って見えて、新鮮で魅力的に見えてくるので当然相手への興味がわいてきます。

 

ようは、何でもいいのでいつもと違うことをすればいいのです。

 

セックスレスを防ぐという意味でも効果はあります。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-恋愛、カップル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク