恋愛、カップル

他人の評価が気になる心理でいると結婚しにくくなるかも!?

投稿日:2018年9月5日 更新日:


他人、評価、気になる、心理

 

「他人と比べないほうが幸せになれる」なんて最近、よく言われますが、わかっていてもつい比べてしまうかもしれません。

 

ですが、比べないほうが自分を低く見積もったりしないで済むことがあります。

 

今回は、パートナー探しの研究で、周りと比べてしまう状況を紹介します。

 

で、その状況になった時は意識ができるので無意識に周りと比べる可能性は減ります。

 

スポンサーリンク
 

 

魅力的な同性ばかり意識させられると!?

アリゾナ州立大学の社会心理学社、ダグラス・ケンリックたちは、被験者たちに「アリゾナ州立大学の独り者」プログラムに登録した(という設定の)人たちのプロフィールを見せた。(1)

 

今回は前回と違い、被験者たちに見せたのは、同性のプロフィールだった。

 

プロフィールには、名前、趣味と感心の短いリスト、その人物の「最も優れた業績」が書いてあった。

 

そしてここでは、2種類のプロフィールが用意されていて、趣味や関心はどちらも似ていたが、その人物の社会的優位性の点で自分を市は敵と描くか従属的と描くかの違いがった。

 

例えば、「カール・パワーズ」という人物を自己紹介する時に支配性が高いバージョンの場合はこんな感じになる。

 

「友人が多いのは、わたしが頼りになるし、楽しみ方を知っているからだと思いますね。友人や自分のために新しい冒険をするのが好きす。週5日は体を鍛えて、それ以外の日は子供たちにトランポリンを教えます。人といるのが好きだし、誰かが指揮を執る必要がある状況では、わたしがリ-ダーになっていることが多いですね。リーダーの地位につくことは好きですよ。ごく自然にできるし、それでいろんな人にも会える。他人に仕事を割り振りする才能があるとよく言われるんです。アリゾナ州立大学に転入する前は、ワシントン大学の学内新聞の編集者に選ばれて実に光栄でした。すでに『ランナーズワールド』誌に記事を2つ掲載していますし、どっちも上に立つための資源について書いたものです。有言実行が好きなので、これまでの成功もそのおかげだと思いますね。」

 

反対に支配性の低い、弱々しい人物に映った場合は、

 

「友人が多いのは、わたしが頼りになるし、楽しみ方を知っているからだと思いますね。友人が何か冒険を計画したら、だいたいは付き合いますよ。なうべくジムにも通って、それ以外の日は子供たちにトランポリンを教え得る手伝いをするようにしています。人といるのが好きだし、何かやる必要があるなら雑用も引き受けますよ。リーダーの地位につくのはあまり好きじゃない。ちょっと苦手だし、人と知り合うのに邪魔になるでしょう。でも、割り振られた仕事はかなりうまく果します。アリゾナ州立大学に転入する前は、ワシントン大学の学内新聞のもっとも役に立つ部員に選ばれて実に光栄でした。すでに記事を2つ書いていて、どこかに掲載してもらえないかと思っているんですけど、どっちも今の自分に満足するための資源について書いたものです。有言実行が好きなので、これまでの自分に満足しているのもそのおかげだと思いますね。」

 

そして、一つ目のグループの被験者たちには、支配性の高い人物のプロフィールを8分読んでもらった。

 

このプロフィールは、パートナーを巡って競合することになる、成功を収めた精力的な同性が多くいるという印象付けるように意図されたものだった。

 

2つ目のグループに被験者たちには、支配性の低い人物のプロフィールを読んでもらうを8分読んでもらい、そんなに競合相手はいないものだという印象を与えた。

 

一方で女性にも、名前だけは女性のものに変えた。

 

例えばカール・パワーズではなく、エイミー・パワーズのようにし、全く同じ一連のプロフィールを見せた。

 

そして、それぞれのプロフィールには写真が貼られていて、ある被験者たちは極めて魅力的な外見の同性をめにし、残りの被験者は平均的な外見の潜在的競争相手を見せられた。

 

その結果、大きな成功を収めた同性や、極めて魅力的な外見を持つ同を見ても、自分がどれくらい社会的に優位か、あるいはどれくらい魅力的だと思うかという自己評価は変わることはなかった。

 

ところが、他人からどう評価されるだろうという推定には変化があった。

 

社会的に有意な同性ばかり見せられた男性は、自分が結婚相手としてあまり望ましくないように感じ、魅力的な女性ばかり見せられた女性は、自分が結婚できる見通しを引き下げた。

 

人間って勝手に相手を見て、判断しちゃんですね。

 

ちょっと一言

男性は社会的に優位にいる男性ばかり、女性は魅力的な女性ばかり見ていると、結婚に不安を抱くことがわかりました。

 

まぁ、これはパートナーを探すときに限っての話ですけど。

 

ですので、婚活パーティーなんかはこの研究を意識すれば、余計な不安は抱えなくて済むと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-恋愛、カップル

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク