マインドフルネス

たった4日間の瞑想だけも集中力や創造性などの能力が激しく上がる!という研究

投稿日:2019年2月20日 更新日:


瞑想、短期間、効果

 

今までは、瞑想を8週間毎日30分行うと、集中力や認知能力が鍛えらることがわかっていました。(1)

 

だから、頑張って8週間やってねみたいな記事も書きました。

 

ですが、「そんなにできるわけねーじゃん」という方もたくさんいると思います。

 

そこで、今回は数日でも瞑想の効果があるよと研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

たった4日間で!?

ノースカロライナ大学の心理学者たちは、わずか4日間だけでも瞑想をするだけでも、注意力や記憶力、危険を察知する能力、創造力、柔軟な認識力が大幅に高められることを突き止めた。(2)

 

研究チームのリーダーは、「サイエンス・デイリー」に対し、「率直に言って、たった4日間の瞑想トレーニングでまさかここまで大きく改善するとは思わなかった。その結果、もっと幅広いトレーニングを行った場合に匹敵する」と説明。(3)

 

これはすごいですねー。

たった4日間だけでですよ!

すぐに結果がほしい方は4日で良いので瞑想をしてみてください。

 

とは言っても、もっとすぐに創造性とかを上げたりできないのっていう方もいると思います。

 

実はあります。

 

すぐに解決能力が上がる方法!

シドニー大学の実験では、研究者たちは経頭蓋磁気刺激法によってフロー状態を生み出した。(4)

 

つまり、弱い磁気パルスを使って前頭前野の活動を低下させ、20分から40分ほど人工的にフロー状態を作りだした。

 

被験者はその後、創造的な問題解決能力を測るための古典的なテストを(ナインドット・パズル)を受けた。

 

そのテストの内容は、10分以内に一筆書きで9つの点を4本の直線で結ぶもの。

 

通常、できる人は5%未満。

 

そして、この実験の対照群は誰もできなかった。

 

ところが、フロー状態を経験したグループは、40%もの人たちが記録的な速さで点を結んだ。

 

通常の8倍の記録ですよ!

すごすぎじゃないですか!!

 

他にもこういうことはあります。

 

国防高等研究計画局(DARPA)とアドバンスド・ブレイン・モニタリング社の神経科学者が、神経フィードバック装置を使ってフロー状態を生み出したとき、兵士たちは最高490%も早く複雑な問題を解決したり新た技術を習得した。(5)(6)

 

それ以外にも、マッキンゼー社が多様な企業を10年にわたり調査したところ、戦略的に重要な厄介な問題を求められる立場にある人も、フロー状態になると生産性が500%も高まったと報告。

 

ちょっと一言

瞑想を4日続けるだけでもいいですし、すぐにフロー状態に入るのもいいです。

 

とは言っても、そんな簡単にフロー状態入れないよともうかもしれません。

 

ですが、誰でもゲームはやったことがあるはずですし、楽しいと感じたこともあるはずです。

 

で、いつの間にかハマっている状態がフロー状態です。

 

だから、自分の好きなゲームを30分くらいやれば、上記と同じ効果が得られます。

 

別にゲームでなくても、自分が夢中になれるものなら何でもいいです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-マインドフルネス

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク