マインドフルネス

子供の瞑想のやり方は簡単で効果も抜群!~2日に1回10分で集中力などが上がる~

投稿日:


 

今まで、いくつも瞑想についての記事は書いてきましたが、子供についてはわかりませんでした。

 

でも、普通に考えれば、大人に効果があって子供に効果がないなんてことはありません。

 

大人が瞑想して、集中力や創造性などが高まるなら、子供にだって同様の効果が得られるはずです。

 

ただ、大人とは違ってやらせるのが難しいのかなっていう気はしますが・・・。

 

スポンサーリンク
 

 

瞑想は子供にだって効果はある!

コロンビア大学の研究者たちは、子供を対象にし、瞑想の影響を調べた。(1)

 

その結果、通学年齢の子供においては、ストレス、攻撃性、や社会不安のレベルが下がり、抑制やワーキングメモリなどの実行能力が高まり、数学の成績が上がる効果が認められた。

 

そして、最も治療効果が大きかったのは、心理的症状の減少だった(他の分野より改善が見られた)。

 

また、何らかの症状がある被験者(不安障害の子供など)のほうが、そうでない子供に比べて、強い治療効果が認められた。

 

このメタ分析では、マインドフルネスを実践した児童と10代の20の研究結果に基づいたもの。

 

研究者たちは、「マインドフルネスの介入は有効だったが、効果は軽度から中低度」と結論付けた。

 

超越瞑想のすごさ!

超越瞑想ってすごそうに思えるかもしれませんが、全ての思考やプロセスを超越しているので、単に何も考えてい状態の瞑想です。

 

ですが、この瞑想をすると、生理的状態は「リラックスした覚醒」になるのです。

 

睡眠や単に目を閉じているのとは違って、身体的なリラックス度は、酸素消費量や基本的な皮膚抵抗など、睡眠中より効果が大きいことがマハリシ経営大学の研究でわかっています。(2)

 

このリラックスにより、神経系がストレスや疲れから回復できるようになるのです。

 

また、ストレス反応システムの効率が良くなり、ストレス要因に的確に対処しながら、処理後は素早くオフに切り替わります。

 

マハリヒ経営大学の別の研究では、回復速度が2倍になり、結果としてストレス耐性や抵抗力が増えたことがわかった。(3)

 

そして、この2つは、学歴、キャリア、人生の成功に強く関わっています。

 

リラックスした覚醒状態になると、脳波の活動の同調性が顕著に現れ、ゆえに注意力や記憶力、抽象的な思考力が高まるのです。

 

では、どれくらいやればいいのでしょうかねぇ。

 

瞑想はどれやればいいの?

長年の超越瞑想の研究では、2日に1回、10~15分程度の瞑想をしている子供たちは、ストレス、不安、うつの症状が著しく減り、怒りや敵意を見せることがなくなっていた。(4)

 

さらに、彼らはよく眠り、創造的に考え、健康的で、自尊心が高く、学校の成績もよく、認知能力と学力テストでも優れた成績を収めていた。

 

ちなみに、超越瞑想は瞑想者の内側の「統制の所在」〔行動や評価の原因をどこに求めるかという概念。これが内側であれば、原因は自分の努力や能力にあると考え、外側であれば、原因は周りの環境のせいだと考える〕を増やします。

 

これは脳をリフレッシュさせて、大局的な視点を維持できるからです。

 

また、周りから圧倒されるという感覚を減らし、自分をコントロールできるようになります。

 

さらに、難しい状況にうまく対処したり、克服できるというできるという自信が増えます。

 

また、学生に2日に1回、15分程度の瞑想をする〈クワイエット・タイム〉というプログラムに参加してもらったところ、都会で十分な教育が受けられず、たいてい暴力、恐怖、トラウマに満ちていた生活を送っっている学生たちにそういう大きな影響を与えた。(5)

 

ちょっと一言

子供の集中力などをあげたいなら、瞑想させてみては。

 

とはいっても、子供が嫌がったらどうしようもありませんが。

 

でも、「勉強と瞑想、どっちが良い?」という選択的な聞き方をすれば、やる可能性は上がります。

 

なぜなら、人間は自分が選んだ物は価値があると思うので。

 

後は、親自身が習慣的にやってみるのもいいと思います。

 

超越瞑想じゃなくて呼吸瞑想でもいいです。

 

ようするに、瞑想って、何か1点に集中し、別のことを考えたらまた意識をそこに戻すことなんです。

 

だから、何でも瞑想にはなるんです。

 

他にも歩行瞑想なんてありますが、歩きながら足の裏にの感覚に注目する瞑想です。

 

「右足が地面についた・・・左足が地面が離れる・・・」みたいな。

 

これを細かくやればやるほど効果は高いと言われています。

 

つまり、かかとやつま先など1つずつ意識を向けるのです。

 

当然、1歩歩くのに10秒くらいかかります。

 

まぁ、最初は呼吸瞑想(鼻から8秒はいて鼻から4秒吸う)の方がとっかかやすい気もしますが、好きなのを選んでやってみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-マインドフルネス

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク