マインドフルネス

マインドフルネス瞑想の効果は短期間、短時間10分でも5分でも得られるという研究!

投稿日:


 

「マインドフルネス瞑想はすごくメンタルに良い」なんて言われて結構月日が流れていますが、なかなかできない人も多いと思います。

 

で、その理由は多分時間だと思います。

 

毎日20分も30分もできないと。

 

良く、習慣は朝身に付けた方が良いと言われていますが、「そんな時間ない」と察しますし、帰ってくれば疲れているのは当然です。

 

では、ようはマインドフルネス瞑想の効果が、時間がなくても得られればいいんですよね。

 

今回はそんな研究を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

4日間マインドフルネス瞑想をするだけでも!?

ノースカロ来大学のフェイデル・ゼイダンたちは、参加者に1日20分のマインドフルネス瞑想を4日間行ってもらった。(1)

 

その結果、疲労や不安が和らぎ、自己統制できる、と参加者たちは報告した。

 

また、一連のパズル検査を行ったところ、作業記憶、視覚処理、空間処理の測定値が大幅に改善された。

 

では、1日にそんなにできない人はそこまで時間がかけなくても大丈夫らしいです。

 

マインドフルネス瞑想の効果は5分でも!?

ウィスコンシン大学スタウト校の研究者たちは、参加者に「25分の瞑想を週に2回してください」と言った。(2)

 

ところが、実際にできたのは5分~10分程度の人がほとんどだった。

 

それにもかかわらず、5分しかできなかった人でも脳の活動パターンに変化が見られ、長時間できた人と変わらない結果が得られた。

 

ですので、時間がないからないからと言って、瞑想は諦めなくていいのです。

 

ちょっと一言

普段、どんなに忙しい人でも5分くらいは時間がとれると思います。

 

オーソドックスな瞑想は呼吸に意識を向け、ゆっくり鼻から吸ったりはいたりする瞑想です。

 

くわしくは、マインドフルネス瞑想のやり方と効果!を参考にしてください。

 

また、どうしても時間がない人や呼吸瞑想ができない人は歩行瞑想をやってもいいと思います。

 

この瞑想は歩きながらやる瞑想で、足の裏の感覚に注意を向ける瞑想です。

 

最初は、例えば「左足が地面から離れた・・・左足が地面についた・・・右足が地面から離れた・・・」みたいな感じです。

 

で、もっと細かくゆっくりやるほど瞑想の効果は高いと言われています。

 

かかとやつま先の感覚に注意を向けると、よりいいと思います。

 

まぁ、瞑想自体は効果はあるのは間違いないので、自分に合ったやり方を試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-マインドフルネス

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク