モチベーション

育児に困っているなら看護師の家庭訪問をしてみるといいかもという実験!

投稿日:2021年2月11日 更新日:


 

今回は、育児状況を改善させるかもしれない方法についてです。

 

育児には様々な年齢がありますが、今回は乳児を対象にした研究です。

 

今現在、そういう時期で子育てに悩んでいる方なら参考になるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
 

 

子育てのための家庭訪問の効果!

ノッティンガム大学のデニース・ケンドリックたちは、子育て(生後何月かの)と家庭環境の質に対する家庭訪問プログラムの有効性を評価した。(1)(2)

 

少なくとも1回の出生後の訪問を含む家庭訪問プログラムを評価するランダム化比較試験および準実験的研究の文献の系統的レビュー。

 

34件の研究が関連する結果を報告。

 

母子の健康への悪影響のリスクがあると考えられる26人の使用済み参加者。

 

2人は早産児または低出生体重児。

 

そして2人の乳児は成長障害を持っていた。

 

子供の健康への悪影響のリスクがあるとは考えられていない8人の参加者のみ。

 

17件の研究が環境測定のための家庭観察(HOME)スコアを報告し、27件が子育ての他の測定を報告し、10件が両方のタイプの結果を報告した。

 

12の研究がメタ分析に入力された。

 

これは、HOMEスコアに対する家庭訪問の有意な効果を示した。

 

具体的には、看護師が保護者にカウンセリングを行い、赤ん坊の寝かしつけ方などのアドバイスをし、話しかけたり歌ったりすることの大切さを教えた。

 

分析をランダム化比較試験とより質の高い研究に限定した後も、同様の結果が見られた。

 

子育ての他の測定値を報告している27の研究のうち21は、さまざまな測定値で家庭訪問グループに有利な有意な治療効果がわった。

 

家庭訪問プログラムは、家庭環境の質の向上と関連していた。

 

具体的には、育児状況の改善と子どもの認知能力向上につながった。

 

ちなみに、訪問を受けた世帯の女性が配偶者から身体的、または性的暴力を受ける件数が減ったようです。(3)(4)

 

家庭訪問の効果ではなく・・・!?

カリフォルニア大学サンディエゴ校のマーク・アッペルバウムたちは、幼い子供を持つ家族のための家庭訪問プログラムは何年もの間実施されてきた。(5)

 

ただし、これは、さまざまな結果にわたって家族を支援するための戦略として、家庭訪問の有用性を定量化する最初の包括的なメタ分析の取り組み。

 

60の家庭訪問プログラムは、5つの子供と5つの親の結果グループ内の分析にデータを使用した。

 

標準化された効果量は、各治療対対照コントラストについて、各治療終了結果測定値について計算された。

 

加重平均の標準化された効果量は-.043から.318の範囲だった。

 

1つのプログラム特性が結果グループ全体の効果量に一貫して影響を与えたわけではなかった。

 

つまり、非ランダム評価では看護婦の家庭訪問のメリットが3倍から6倍ほど過大評価されていたことがわかった。

 

この点については不明ですが、考えられるのは家庭訪問を望んだ保護者は、そもそもそうではない保護者より育児に意欲的だった可能性があるようです。

 

そうであれば、家庭訪問の効果はそれほどないのかもしれません。

 

ちょっと一言

だからといって、家庭訪問が無意味だということにはなりません。

 

それで問題解決可能性だって十分にあるのです。

 

一番大事なのは、意欲です。

 

意欲が家庭訪問をしようという気にさせ、それによって解決ができるかもしれません。

 

もちろん、育児のコミュニティに入ったりと別の方法あると思います。

 

自分に合ったやり方を探してみるといいと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-モチベーション

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク