モチベーション

仕事にやりがいを見出せないなら大きな目的に目を向けよう!

投稿日:2019年3月15日 更新日:


仕事にやりがい、見出せない

 

仕事にやりがいを感じない人は、結構いるのではないかと思います。

 

というか、食べていくために働いているのであって、やりがいをそもそも求めていないもいるかもしれません。

 

それに、僕も仕事にやりがいを感じなければいけないとは思っていません。

 

ただ、せっかくやるならやりがいを感じた方が、満足度や幸福度が上がるので損はないと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

肩書を変えるだけで!?

ペンシルベニア大学ウォートン校の研究者たちは、仕事への目的意識を変えることで仕事のやりがいが感じられるのかという実験を行った。(1)

 

便器や床を清掃する病院の清掃員たちに、「患者の治療の一環として、あなた方の仕事は絶対に必要だ」ということを伝えたところ、彼らの働きぶりは改善し、仕事への満足度もアップした。

 

清掃員たちは、「あなた方が病院を清潔にしてくれているおかげで、雑菌の繁殖を最小限に抑え、抵抗力の弱い患者さんたちを守ることができるのだ」と聞かされている内に、自分の仕事を「床にまき散らされた汚物を処理する仕事」ではなく「患者の命を守る仕事」と捉えるようになった。

 

病院によっては「清掃員」という肩書を廃止して、「保険安全チームのメンバー」や「環境衛生スタッフ」といった表現に変えているところもあるそうです。

 

これは別に会社がやってくれなくれなくても、自分で表現を変えてしまえば同じ効果が得られるはずです。

 

また、表現を変えなくても、感謝をしていることを伝えるだけでもものすごい効果を発揮します。

 

感謝されるだけで!?

大学を卒業したばかりのОBが、彼らに「君たちの仕事に感謝している」と卒業生に寄付を募る学生オペレーターに伝えたところ、募金の成績が上がった。(2)

 

しかも、そのОBは学生たちの募金活動によって集まった奨学金を受けて大学を卒業した人たちだった。

 

このやり取りの翌月、学生たちが集めた募金は前月比で171%も上昇した。

 

つまり、自分の仕事が大きな目的に感じると、最高のパフォーマンスが発揮されるのです。

 

ちょっと一言

仕事にやりがいなどを感じたいなら、自分の肩書を変えたりして、誰のために役に立っているのかということを考えるだけでモチベーションが高まります。

 

また、仕事だけではなく勉強やスポーツ、何でもそう思えばパフォーマンスが向上し、努力を勝手にします。

 

ですので、自分を超えた大きな目的を考えてから仕事などに取り掛かると、いつも以上に仕事が生産的で早く終わり、満足度も高くなります。

 

まずは、いろいろ考えてみてください。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-モチベーション

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク