組織心理学

リーダーシップのスキルや能力があるのは男性、女性のどっち!? 

投稿日:


リーダーシップ、スキル、能力、男性、女性

 

今では、男性女性ともに社会で働いていますが、「リーダー」と聞くとまだ男性が有意なようです。

 

そもそも、男性は女性よりもリーダーに向いているのでしょうか。

 

男女に能力の差はあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

男女差によって!

男性優位の傾向は国によって違います。

 

例えば、トルコ、アルゼンチン、日本などは男性の能力を高く見る傾向があります。

 

それに対して、フィンランド、スウェーデン、デンマークなどは男女差の評価が小さくなります。

 

つまり、多かれ少なかれどこの国でもこういう傾向が存在しているということです。

 

ですが、IQは女性の方が少し高いくらいです。

 

また、多くの先進国では、大学に進学するのは女性が多く、進学してからも女性の方が良い成績を上げています。(1)

 

一方で、世界でトップ500に入る企業のうち、女性がCEOに就任しているのはわずか14社だけです。

 

要するに、リーダーシップも男性が男性の仕事だと考えているということが言えます。(2)

 

男性の方がリーダーにふさわしい?

カリフォルニア大学サンディエゴ校のアン・ケニーグは、人々のリーダーシップに対する考え方について、多くの過去の研究を見直し、包括的な調査を行い、「男性の方がリーダーシップの能力が高い」という偏見が存在することをあきらかにした。(3)

 

研究者の結論によれば、男性の方が良いリーダーになれると社会が信じているので、男性的な資質ばかりがリーダーに必要とされるようになったという。

 

その結果、リーダーになるのは男性にとってはますます簡単で、女性にとってはますます難しくなってきた。

 

研究者は、「リーダーは男の仕事と言う偏見が社会に深く根付いているので、女性にとってまだしばらく受難の時代が続くだろう」と言う。

 

705人の企業の女性幹部(フォーチュン1000企業で副社長以上の地位)を対象に調査したところ、72%が、「女性の役割と能力に関するステレオタイプ」が自分のキャリアで大きな障害になっていると答えている。(4)

 

基本的に、女性の方が共感能力が高いので気配りができたりやる気を出させるのがうまいので、男性よりそういう面ではリーダーに向いていると思います。

 

また、女性の方がテストステロンが少ないので、無茶なリスクをとる可能性も少ないです。

 

ちょっと一言

リーダーに向いているのは男性だという偏見があるので、ほとんどの企業のトップは男性だということがわかりました。

 

男女のよって考え方が違うので、どっちが良いとは一概には言えませんが、女性のトップがもっと増えた方が良いのかなという気がします。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-組織心理学

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク