組織心理学

イスラム教徒の若い男性が良く自爆テロを起こしてしまうのは、天国で72人の処女妻を迎えられる約束があるから!!

投稿日:


 

 

昨日は、イスラム教徒の社会制度では一夫多妻制が認められているから、妻を持てない男性が暴力や自爆テロに走ってしまうということを書きました。

 

ですが、それだけで自爆テロを起こそうという動機になるには不十分かもしれません。

 

ちなみに、サハラ砂漠以南のアフリカやカリブ海地域は、中東や北アフリカのイスラム諸国以上に一夫多妻制の度合いが高いようです。

 

世界で最も一夫多妻制の度合いが高い20か国のうち、17か国ががサハラ砂漠以南のアフリカとカリブ海諸国です。

 

それによって、これらの地域は暴力の度合いも非行に高く、サハラ砂漠以南のアフリカは延々と内戦が長く続けられてきたのです。

 

ただ、自爆テロは起きていないのです。

 

つまり、一夫多妻制が自爆テロを引き起こす強い要因にはなっていないのです。

 

スポンサーリンク
 

 

自爆テロを引き起こさせる、ある約束!

一夫多妻制が自爆テロをさせることも少なからずあるかもしれません。

 

それに加えて、若い男性を自爆テロに駆り立てる重要な要因は、コーランにかかれている約束です。

 

その約束とは、殉職者は天国で72人の処女妻を迎えられるというものです。

 

これは地上で結婚できなかった男性にとって、ものすごいモチベーションになります。

 

ただ、日本みたいに一夫一妻の場合は、だいたいの人が結婚しようと思えば結婚できるので、そこまで惹かれないと思います。

 

ですが、女性と付き合いたくても付き合えない男性にとっては、厳しい現実に直面しているので、それが魅力的に見えてしまうのです。

 

こうして、自爆テロに進んでいくのです。

 

そして、この説明をしてくれるデータもあります。

 

自爆テロのあらゆる調査の結果、イスラム教徒全体の中でも、またはパレスチナのハマスやレバノンのヒズボラ(神の党)などイスラム教過激派組織の中でも、自爆テロに走るの若い男性が非常に多く、ほぼ例外なく独身であることがわかっています。(1)(2)

 

ちょっと一言

フツーに考えれば、へんてこな話です。

 

というのも、その国や地域で女の子がゲットできなくても、他の国に行けばいいだけのはず。

 

ただ、僕は現状がわかりませんので、そうできないのかもしれません。

 

だからといって、殉職すれば、天国で72人の処女妻を迎えられると思えてしまうのが組織の怖いところ。

 

これは、イスラム教のことではなく、主に過激派組織がテロをさせるために利用しているのではないかと思います。

 

こういう洗脳みたいのって本当に怖いですよね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-組織心理学

執筆者: