組織心理学

信頼性の高い組織って一体どんな特徴があるの!?

投稿日:


 

今回は信頼性の高い組織ってどんな特徴があるの?っていう話です。

 

スポンサーリンク
 

 

信頼性の高い組織って!?

  • SmaSurf Quick Search

ミシガン大学のカール・ワイクとキャスリーン・サトクリフは、信頼性の高い組織に共通して見られる、いくつかの中核的特性をまとめた。(1)(2)

 

・失敗へのこだわり

組織は成功に傲慢せず、従業員は「毎日、悪いことが起こるかもしれない」という意識を持つ。

 

・単純な解釈の忌避

前提を疑い、一般通念を懐疑的に見る従業員を評価する。

 

例えばディープウォーター・ホライズンでは、多くの技術者やマネージャーがセメント品質の低さに懸念を表明し、さらなる検査を要求する。

 

・業務への感度

チームのメンバーはコミュニケーションと交流を絶やさず、目の前の状況への理解を常にアップデートし、異常値があれば根本原因を追究する。

 

異常値があれば、最初の説得になっとくせず、もっと掘り下げるべき。

 

・レジリエンスの強化

ミスが起きた時に最悪の事態を食い止めるための知識やリソースを強化する。

 

例えば、頻繁に起こりうる失敗を予測してみる、ニアミスについて議論する、といったこと。

 

これで対策を立てれば、充分に対処できる。

 

・専門的意見の敬意

これは組織の異なる階層の間でコミュニケーションがあること、そして経営トップの知識謙虚さの重要性に関する項目。

 

経営層は現場の意見を信頼する必要がある。

 

ちなみに、ディープウォーター・ホライズンの爆発後、BPの従業員は解雇されることを恐れて懸念を表明できなかったとメディアに報じられた。(3)

 

ちょっと一言

ということで、信頼性の高い組織についてでした。

 

自分が何かの組織、転職などする時はこれらの項目を参考にしてみるかと思います。

 

また、自分で起業したりして組織を自分で作る時もこういうことを念頭に置けば、成功しやすくなりますし、失敗しても小さな失敗で終わるので致命的にはならないと思います。

 

ただ、こういう組織って信頼されやすい半面、なかなか存在しないのもまた事実かともいます。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-組織心理学

執筆者: