説得

投票行動を促すために説得しやすい会話テクニックってあんの!?

投稿日:


今回は電話のかけ方によって投票率が変わるのかという話についてです。

 

もちろん、ほとんどの人はそんなことしません。

 

ですが、それを応用して自分が説得したいときにそれをいきると思いませんか。

 

スポンサーリンク
 

 

コンピューターが電話をかけると!?

 

ガーバーとグリーンは、コンピューターが自動で電話をかけて、応答した人間または留守番電話に録音メッセージを聞かせる実験を行った。

 

研究者たちは、100万人以上をカバーした複数のRCTを分析し、ロボコールで1000人にメッセージを聞かせれば1万人の投票が増えると推測した。(1)

 

ところが、この効果はあまりに小さかった。

 

 

もう少しパーソナルなアプローチをとるならば、人間が実際に電話をかけることになります。

 

一部屋に集められた大勢の選挙ボランティアが電話をかけまくるというのが常套手段だったようです。

 

フォーマルな話し方VS雑談!

 

一連のRCTを分析すると、ボランティアでもコールセンタースタッフでも投票率向上にはつながったが、インパクトにはかなりばらつきがあることがわかった。(2)

 

例えば、フォーマルな喋り方で簡潔に話すよりも、他所雑談を入れた方が効果は高くなった。

 

選挙が差し迫ったころに電話をした方が、インパクトは大きくなった。

 

そしてボランティアのほうがコールセンタースタッフよりも高い成果を出した。

 

 

研究者たちの考察では、平均38本の電話(切られずに最後まで話を終えた本数で数える)で1票増やすことができたという。(3)

 

ちょっと一言

ということで、説得したいときは雑談を入れた方が良さそうでしたね。

 

多分、気分が和んだり落ち着いたりするからかなという気がしました。

 

だから、どんな会話でも雑談を入れておくと、ちょっとした頼み事が通りやすくなると思います。

 

普段から雑談を入れる習慣をつけておいてみてはどうでしょうか。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-説得

執筆者: