説得

説得方法の心理学!~人を説得する話し方とは?~

投稿日:


説得方法、心理学、人を説得する、話し方

 

交渉やスピーチなど、なぜするかと言えば、説得するためです。

 

交渉などは一例にすぎませんが、「たくさんの状況で説得できたらいいな」と思うことはたくさんあると思います。

 

ですが、反対に説得されることがよくありませんか。

 

「なんかよくわからないけど断りにくいことがよくあるんだよな」みたいなことがよくありませんか。

 

もしかすると、状況にコントロールされているのかもしれません。

 

しかし、それをうまく使えば、説得しやすくなると思いませんか。

 

スポンサーリンク
 

 

説得するために!

イェール大学の研究者は、学生に街角に出かけてニュー・ヘブン地域の大気汚染を減らす嘆願書の署名を集めをするように頼み、同意を得た。(1)

 

一つの条件では、参加者は一人の実験協力者がその要請を承諾し、その理由を「自分が本当に信じていることなら、他人を説得することをためらわない」からだと聞いた。

 

ほとんどの学生が承諾した理由は、実験者が非常に説得力があってノーと言いにくかった。

 

ところが、「プレッシャーが強かったから引き受けた」というよりも、自分の行動が以前に感じていたよりももっと強い態度であると誤って推論していた。

 

つまり、彼らは自己創作していた。

 

自分の行為に及ぼす状況の影響を見過ごし、内的上状態に基づいて行動したと推論するのは非常によくあることです。

 

これを基本的帰属エラーと言います。(2)

 

状況の影響(良いことのために署名を集めるのだと実験者がかけた圧力)は気づかれにくく、容易に見過ごされてしまいます。

 

逆に、自分の行動は状況の要請だと適切に認識すれば、内的状態を作りだすことはありません。

 

ちょっと一言

ようは、自分にとってそれが価値があるものだと認識させられると、説得されてしまうのです。

 

一言で言えば、「ノー」と言えない状況を作りだせばいいのです。

 

ですので、普段から自分の価値基準を頭に入れておくと大分防げると思いますし、説得したいなら相手に内的状態を創りださせてあげればいいのです。

 

ただ、欧米人に比べ、東アジア人はそれほど基本的帰属エラーに陥りやすくはないという研究もあります。(3)

 

ですので、他の説得テクニックを使いながらこのテクニックを使えば、確率は上がるはずです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-説得

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク